「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

平成26年 史上最大の逆転優勝でガンバ大阪3冠【平成スポーツハイライト】

2018 12/31 11:00SPAIA編集部
ガンバ遠藤,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

前年は屈辱のJ2も1年でJ1復帰

「オリジナル10」と呼ばれるJリーグ創設時からの参加クラブで、平成17年に関西勢としてリーグ戦初優勝したガンバ大阪。その後も優勝争いにはからむものの果たせず。しかし、自慢の攻撃力を爆発させた平成26年には、Jリーグ、ヤマザキナビスコカップ(現ルヴァンカップ)、天皇杯の3タイトルを完全制覇。平成12年の鹿島以来、14年ぶりとなる3冠に輝いた。

前年はJ2で戦っていたガンバ大阪。10年間、指揮を執った西野朗監督が平成23年いっぱいで退任。翌24年は初のブラジル人監督としてセホーンを迎えたが、序盤から低迷したため解任。初のOB監督として松波正信がその後を受け継いだが、最終的に17位でJ2降格の屈辱を味わった。

しかし、平成25年は長谷川健太新監督の下、シーズン序盤から飛ばしJ2優勝。僅か1年でJ1復帰を決め、迎えた26年のシーズンだった。

おすすめの記事