「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

平成12年 J1鹿島が史上初の3冠【平成スポーツハイライト】

2019 1/8 07:00SPAIA編集部
サッカーボール,グランドⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

トニーニョ・セレーゾが監督就任

Jリーグ、ヤマザキナビスコカップ(現ルヴァンカップ)、天皇杯の3タイトルを初めて同一年に独占したのが鹿島アントラーズだった。平成12年、現役時代にブラジル代表でジーコらと「黄金のカルテット」を形成したトニーニョ・セレーゾが監督に就任し、FW柳沢敦、鈴木隆行、中盤の小笠原満男、ビスマルク、DF秋田豊らの個性派メンバーを見事に機能させた。

住友金属が母体の鹿島は、当時国内最高峰の設備を誇ったカシマスタジアムを本拠地としてJリーグ創設時から参戦。ジーコやアルシンドの活躍により、初年度の平成5年1stステージでいきなり優勝した。以降も平成8年(1ステージ制)、9年1stステージ、10年2ndステージ(年間王者)で優勝。9年にはナビスコ杯と天皇杯のタイトルも獲得するなど、国内屈指の強豪クラブとしての地位を築いていた。

平成12年、1stステージは横浜F・マリノスが優勝。6月24日に開幕し、シドニー五輪とアジアカップを挟んで行われた2ndステージで鹿島は無類の強さを見せた。

おすすめの記事