「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

平成11年 消滅する横浜フリューゲルスが天皇杯制覇【平成スポーツハイライト】

2018 12/21 11:00SPAIA編集部
サッカー,観客,イメージ画像,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

経営難でマリノスに吸収合併

Jリーグ創設時からの加盟クラブ(オリジナル10)のひとつ、横浜フリューゲルスが横浜マリノスに吸収合併されるというショッキングなニュースが流れたのは平成10年(1998年)10月29日だった。出資企業の佐藤工業が経営悪化のため撤退、もう一つの出資企業、全日空も赤字のため単独では支え切れず、同じ横浜に本拠地を置くマリノスと合併、フリューゲルスは事実上、消滅するというのだ。

日本代表がワールドカップ・フランス大会に初出場した余韻も冷めやらぬ中、4年後の日韓共催ワールドカップに向けてトルシエジャパンが始動したタイミング。「夢」の裏で密かに進行していた「現実」は、クラブ経営の難しさを世間に知らしめることになった。

フリューゲルスは決して弱小チームではなかった。加茂周監督の提唱する「ゾーンプレス」で平成5年の天皇杯優勝、平成8年には前園真聖、三浦淳宏、山口素弘らの活躍で最後まで優勝を争う(最終順位は3位)など実績をあげていた。

ただ、マリノスに比べて人気の点では見劣りしていた。ホームだった収容人員15,000人の三ツ沢球技場に代わり、7万人収容の横浜国際総合競技場(現日産スタジアム)が平成10年3月に開場しても起爆剤にはならなかった。

おすすめの記事