「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

平成5年Jリーグ開幕!初代王者はヴェルディ川崎【平成スポーツハイライト】 

2018 12/18 11:00SPAIA編集部
Jリーグ,イメージ画像,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本リーグの人気低迷でプロ化へ機運高まる

今ではワールドカップに出場するのは当たり前、日本選手の海外リーグ移籍も珍しくなくなったが、平成が始まった頃は全て夢のような話だった。日本サッカー界にとって、国内プロリーグの創設がもたらした効果は計り知れない。

Jリーグが開幕したのが平成5年(1993年)。カズ、ラモス、武田らスター選手が誕生し、日本は空前のサッカーブームに沸いた。

日本サッカーリーグ(JSL)の観客動員が低迷し、長らくプロリーグの必要性が叫ばれていた。ドイツから帰国した奥寺康彦、木村和司ら一部の選手がプロ契約するなどプロ化の機運は徐々に高まり、日本サッカー協会(JFA)が「プロリーグ準備検討委員会」を設置したのが平成元年。その後、参加希望を募り、平成3年に最初の10クラブ(オリジナル10)や「Jリーグ」という名称が発表された。

平成4年にはリーグ戦開幕に先んじてヤマザキナビスコカップを開催。決勝は56,000人が集まった国立競技場で行われ、ヴェルディ川崎が優勝。

翌年5月15日、ついに日本サッカー界待望のプロリーグが開幕を迎えた。

おすすめの記事