「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

初めてでも安心!Jリーグのチケットの取り方を徹底解説!

2016 9/2 12:22
イメージ画像Ⓒkeport/Shutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒkeport/Shutterstock.com

公式での購入方法

Jリーグの試合で見たいカードが決まったら、さっそくチケットを購入。

公式でのチケット購入方法は複数あるが、主流はインターネットだ。24時間好きな時に購入でき、支払方法もクレジットカードでの即時決済、銀行振り込み、コンビニ支払など選択肢が広い。

抽選にはなるが、早めに見に行きたい試合を決めておけば良い席を手に入れることも可能。

急な場合の購入方法

急に試合を見に行きたくなった時やチケットが必要になった場合は、直接スタジアムに行けばチケット販売ブースで購入することができる。

事前購入の場合は「当日あいにくの雨」という事も少なくないが、当日購入であればそのようなことも回避できる。ただし、良い席は事前に埋まっている可能性がある。

格安で購入?オークションの利用方法

確実ではないが、チケットを安く購入できる可能性があるのがネットオークションだ。

既に購入していた人が行けなくなったり、株主優待や懸賞によって当たったチケットを持っている人が格安で販売している事がある。

購入前にとりあえず、目的のチケットがネットオークション販売されているかどうかをチェックしてみてもいいかもしれない。

シートの種類や違い

シートの種類がメインスタンド、バックスタンド、ゴール裏の3つに分類されているため、チケットを購入するにも「種類が多くて、どれを購入すればよいのかわからない」という人もいるだろう。

メインスタンドはグランド全体を見渡すことができ、テレビと同じイメージで観戦することができる。また、指定席になっていることも多いので、焦らずにスタジアムへ行くことができる。バックスタンドはメインスタンドに比べ料金が安く、ゴール裏は更に安い。そのため、毎試合通うサポーターなどと一緒に観戦することができる。

初心者にお勧めのシート

初めてスタジアムで観戦するなら、メインスタンドの座席指定シートを選択するのが勧めだ。反対に、サポーター内での暗黙のルールがあるといわれるゴール裏はあまりお勧めできない。

また、座席指定でなければ早めにスタジアムに入り場所取りをする必要があるため、勝手を知らないとよくわからないうちに良いシートがなくなる可能性がある。

ネットやアプリ、コンビニなどでチケットを購入し、是非試合を観に行こう。

おすすめの記事