「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

名古屋の大爆発でJ1残留争いが激化

2018 9/9 07:00SPAIA編集部
サッカーボールⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

残留に向けて大きく進みだした名古屋

今季のJ1残留争いが大きく激化した理由は、後半戦に入ってからの名古屋グランパスの大爆発だろう。17試合でわずか2勝しかあげることができていなかったチームが、シーズン折返しから7連勝。1試合少ないながら(第18節が未消化)順位を11位にまで上げた。

牽引しているのは後半戦出場5試合で12得点とゴールを量産しているジョー。 日本のサッカーやチームに慣れたこともあるだろうが、ペナルティエリア付近でのプレー数が前半戦の一試合平均6.8回から後半戦は9.7回と増加。その中でもペナルティエリア内でのプレー数は5.3回から7.0回に大きく伸びた。

名古屋はまだ広島、川崎F、FC東京、札幌、神戸、C大阪と上位6チームとの対戦を残しているのでまだ安心できる状況ではないが、チームが良い方向に回り始めているのはポジティブな要素だろう。

光が見えてきた鳥栖

折返し時点では15位だったV・ファーレン長崎が最下位18位に、16位だったガンバ大阪が17位に、17位だったサガン鳥栖も入れ替え戦となる16位にとどまっている。

この中で最も上向きなのが鳥栖。怪我人が続出しシーズン序盤から苦しんでいた。鳥栖の英雄・豊田陽平が復帰、さらにフェルナンド・トーレス、金崎夢生を獲得したものの、なかなかフィットせずに得点力につなげられなかった。

しかし、天皇杯3回戦でトーレスが加入後初ゴールを決め神戸に勝利すると、第24節のガンバ大阪戦ではトーレス、金崎のアベックゴールでこちらも快勝した。後半戦リーグワースト8.6本のシュートだった攻撃陣が徐々に勢いに乗りつつある。

守備でも、後半戦ではリーグ最少となる5失点に抑えており、巻き返しの態勢が整ったとみていいだろう。

おすすめの記事