「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

札幌とペトロヴィッチ監督が産み出す新たなミシャサッカー

2018 6/12 07:00SPAIA編集部
ⒸShutterstock
このエントリーをはてなブックマークに追加

キーマンはやはりペトロヴィッチ監督

躍進の最大の要因は今季就任したミハイロ・ペトロヴィッチ監督であることは間違いない。これまでサンフレッチェ広島、浦和レッズの監督として通算12シーズンに渡りJリーグで指揮を執り、詰めの甘さ、ここ一番での弱さが話題になることも多かったが、いつしか「ミシャシステム」と呼ばれるようになった独特のアタッキングフットボールで日本サッカーに大きな影響を与えた人物である。

ミシャサッカー可変図

「ミシャシステム」について簡単に振り返ると、特徴的なのがその布陣。フォーメーション図では3-4-2-1の布陣で書かれているが、攻撃の時は両サイドの選手も前線に出て4-1-5の形になり、守備の時は3-4-3または5-4-1になる。「ミシャシステム」の最大のポイントは選手の配置。攻撃で安定した成果を出すために「誰がどこにいるのか」を徹底的にマネジメントしている。

この考え方は近年のヨーロッパサッカー界を中心に広がりを見せている「ポジショナルプレー」の概念に近い。

札幌の選手はなぜすぐにミシャサッカーに順応できたのか

これまでペトロヴィッチ監督のミシャサッカーは難解とも、成熟に時間がかかるとも言われてきた。しかし札幌では、初勝利こそ第4節まで待たなければならなかったが、そこから11試合負けなし。短期間で形にしている。

その要因としては、札幌が昨年から選手の配置にこだわったサッカーをしていたことが大きい。

Jリーグでは攻撃的サッカーといえば川崎フロンターレに代表されるように前線の選手が流動的に動くサッカーが主流である。しかし四方田前監督(現コーチ)の下で昨季の札幌が行っていたのは、そんなサッカーと真逆ともいえるロングボールを多用する守備的なサッカーだった。

このロングボールを多用する上で重要なのは、決まった場所に決まった選手がいること。昨季と今季では守備的・攻撃的という分類で異なるが、ポジションにこだわるという部分では親和性が高い。札幌の選手は「動きすぎないプレー」に慣れていたため、ミシャサッカーへの適応が早かったのだと考えられる。

おすすめの記事