「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

FC東京2位躍進の源は「パスの少なさ」と「速さ」にあり

2018 6/2 15:00SPAIA編集部
J1第15節までのチームパス数,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

「速い」FC東京

FC東京のサッカーは「速い」。 選手個々のスピードは勿論なのだが、チームとして「速い」のだ。

「速さ」を象徴するデータの1つがパスの数とその方向だろう。 FC東京の1試合平均パス数は439.1本(第15節終了時点)。これはJ1 18クラブ中17番目の数字でJ1平均523.9本と比較しても100本近く少なく、J1トップの川崎の704.1本の60%ほどでしか無い。

このパスをさらに方向別で分けると、FC東京の前方パス数は184.8本。これは全パス数のおよそ42%となり、リーグで2番目の高さとなる。FC東京はボールを奪うと余計な横パスやバックパスを使うことなく、高い比率で相手ゴール方向へ縦パスを繰り出している。

第15節までに317回のタックルを記録しているFC東京の「速さ」は、攻撃時だけに留まらない。その29%に当たる91回は敵陣、なんとアタッキングサードでも34回のタックル数をあげている。

選手のポジション別で分けると、MFの選手が最多で158回と約半数を締め、FWが50回を記録、中盤から前の選手で208回と全体の60%を超える。

FC東京は守備から攻撃に切り替わったとき、ボールを一旦キープしない。また、攻撃から守備に切り替わったときも、一旦下がって陣形を整えたりもしない。 攻守の切れ目をできるだけ短くし、前へ攻め入る「速さ」を追求したサッカーを行っている。

J1第15節までのチームパス数ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

「速さ」を生み出すセントラルMF高萩

FC東京の速さを生み出しているポイントは、個々の選手データを見ると明らかだ。 チーム内最多のタックル数を記録しているのは高萩洋次郎の40回、次いで橋本拳人の36回で、 共にセントラルMFを務めている。

さらにパス数でもチーム最多の高萩。 GKやDF陣はポジションが低く必然的に前方パスが増えるため、GKやDF陣がランキング上位に並ぶのは当然だ。しかし、GK林彰洋やCB森重真人に次ぐ3番手には、セントラルMFの高萩が入っている。

高萩は、ボールの奪取とパスの両方を極めることで無駄をなくし「速さ」を生み出している。

おすすめの記事