「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

首位独走のJ1広島は堅守だけじゃない。右サイドプレー比率4割が勝利の方程式

2018 5/17 11:00SPAIA編集部
広島のペナルティエリアでのプレー数
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

昨季とはまるで別チーム

サンフレッチェ広島が止まらない。5月13日の第14節終了時点で落とした勝ち点はたったの5。得点22、失点6はどちらもリーグトップ。 昨季15位に終わったチームがわずか半年後に、J1史上最速ペースの勝ち点で首位を独走するとは誰も予想できなかっただろう。広島の強さを支えるものが何なのかデータから探る。

人数をかける右サイドと1対1で勝負する左サイド

広島の快進撃を支えているのは間違いなく強固な守備だ。14試合でわずか6失点、無失点試合が10試合というのは脅威的な成績だ。しかし、ここではあえて守備ではなく攻撃から探る。

広島のサッカーを見ると右サイドからの攻撃が多い事に気がつく。 ペナルティエリア付近でのプレー数でもこの傾向ははっきりと表れており、右サイドで1試合平均29.42回のプレーが行われているのに対して、中央は22.43回、左サイドは14.71回。 実に44.20%のプレーが右サイドで行われている。

第13節仙台戦のペナルティエリアでのプレー数

右寄りの傾向が顕著に表れた第13節仙台戦ⒸSPAIA

※画像はリンク


しかしクロス数では異なる傾向が見られる。 チームトップは左SHの柏好文で47本。これは全体の24%にあたる。

このクロス数につながる要因は、右サイドでプレーする複数の選手の数字を調べると見えてくる。右SHでプレーする川辺駿が20本、柴崎晃誠が19本、右SBの和田拓也が24本。さらに右ボランチの青山が16本。 左サイドではクロスを入れるのはほぼ柏となっているが、右サイドでは川辺や柴崎、和田、青山と複数の選手がクロスを入れているのだ。

さらに他のデータと合わせると左右の違いがあきらかになる。

右サイドのパス数が、左サイドのパス数よりも約1.4倍多い。一方で左サイド柏1人のドリブル数が、右サイド4人の合計ドリブル数よりも約1.5倍多い。

つまり、広島の攻撃は右サイドではパス交換から人数をかけて攻め込むのに対して、左サイドでは柏のドリブル突破から攻め込む形となっているのだ。

第14節までの広島のサイドでのパス数,ドリブル数

第14節までの広島のサイドでのパス数,ドリブル数ⒸSPAIA

おすすめの記事