「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ボール奪取回数から振り返る2017年のJリーグ

2018 2/6 15:29Aki
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年J1リーグ戦ボール奪取数ランキング

ハリルホジッチ日本代表監督が何度も口にする「デュエル」は、相手にボールを奪われたら奪い返すという戦い方だ。サッカーではボールを保持しなければ、攻撃することができない。ボール奪取数はチームの戦い方やスタイルを表す目安となるデータとなるのだ。ボール奪取数から2017年のJ1を振りかえってみよう。

1位 鹿島アントラーズ 73.3回
2位 柏レイソル 70.8回
3位 セレッソ大阪 70.5回
4位 ヴァンフォーレ甲府 69.7回
5位 清水エスパルス 69.6回
6位 ベガルタ仙台 69.4回
7位 ガンバ大阪 69.2回
8位 アルビレックス新潟 69.2回
9位 ヴィッセル神戸 67.1回
10位 川崎フロンターレ 66.9回
11位 FC東京 65.6回
12位 北海道コンサドーレ札幌 65.5回
13位 浦和レッズ 65.4回
14位 サガン鳥栖 65.4回
15位 大宮アルディージャ 65.1回
16位 サンフレッチェ広島 64.8回
17位 横浜F・マリノス 64.5回
18位 ジュビロ磐田 61.9回
リーグ平均:67.4回
※1試合平均

ボール奪取回数上位にはリーグ戦上位のチームが並ぶも

目につくのが、ボール奪取回数上位にはリーグ戦上位のチームが並ぶことだ。ボール奪取回数最多の鹿島アントラーズはリーグ戦で2位、2番目に多い柏レイソルは4位、3番目に多いセレッソ大阪は3位といずれも上位躍進チームばかりだ。

しかし、優勝した川崎フロンターレのボール奪取回数は、リーグ平均67.4回よりも少ない66.9回、順位も10位である。ボール奪取回数こそ少ないものの、川崎フロンターレには、リーグ2位となる56.2%のボールポゼッション率や、リーグトップとなるパス数(649本)、パス成功数(631本)、パス成功率(97.23%)がある。

つまり川崎フロンターレはボールを保持している時間が長く、ボールを失う回数も少ないため、ボールを奪い返す機会自体が少ないということだ。 これは前監督の風間八宏氏が就任時に語った

ボールを失わなければ何も起きない

出典:Jリーグ.jp

を体現していると言えるだろう。

川崎フロンターレと同じ傾向にあるのは、ポゼッション率1位の浦和レッズだ。このチームもボールを保持する時間を長くすることで、ボールを奪い返す機会自体を少なくしている。

おすすめの記事