「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

名古屋グランパスに加入した元ブラジル代表ジョー選手

2018 2/6 15:50Aki
jo brazil
このエントリーをはてなブックマークに追加

ロシアで世界的な知名度を上げたジョー選手

ジョー選手ことジョアン・アウヴェス・デ・アシス・シウヴァ。ブラジルの名門コリンチャンスの下部組織出身であり、16歳でトップデビューを果たした。
身体が大きく典型的な9番、センターフォワードとして活躍し、コリンチアーノ(コリンチャンスサポーター)からは「ジョイア」(宝石)とも呼ばれていた。
日本のサッカーファンにジョー選手の名前が届くようになったのは、2006年18歳にしてロシアの名門CSKAモスクワ(ロシア)に移籍してからだ。
UEFAチャンピオンズリーグやUEFAカップなど、ヨーロッパの舞台の常連のクラブのエースとして公式戦通算で78試合・44ゴールと結果を残し、2007年にブラジル代表初選出されると、ロナウジーニョ選手やロビーニョ選手らと共に2008年の北京オリンピックにも出場。
ロナウド選手以降センターフォワードを固定出来ていなかった当時のブラジル代表において、大柄で高さがあるだけでなく、スピードとテクニックを兼ね備えたジョー選手は、大きな期待を集める存在だった。

大きな挫折となったプレミアリーグへの移籍

ロシアで活躍するジョー選手に、2008年大きなチャンスが訪れる。
オーナーが変わり積極補強を進めるマンチェスター・シティ(イングランド)からのオファーが舞い込んだのだ。
移籍金は当時のクラブ最高額の2400万ユーロ(約31億円)。この金額からも当時の期待の大きさが伺える。
ビッグネームが揃うプレミアリーグでプレーするチャンスを得たジョー選手だったが、イングランド特有の速いテンポによるフィジカルを前面に押し出すプレースタイルへの適応に苦しむ。
するとクラブは豊富な資金力を武器に、冬の移籍期間でウェイン・ブリッジ選手、シェイ・ギヴン選手、クレイグ・ベラミー選手らのプレミアリーグで既に実績のある選手を獲得したのだ。
つまり、ジョー選手は戦力外と判断され、わずか半年でエバートンにレンタル放出されることとなった。
エバートンでは才能の片鱗をみせレンタル期間の延長を勝ち取ったものの、ブラジルへ無断帰国し謹慎処分を受けるなど問題行動も見せるようになり、再度、放出される。その後ガラタサライ(トルコ)でもプレーしたが、ロシアでの輝きを見せることができなかった。

おすすめの記事