「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「清水の誇り」杉山浩太選手が背負った清水エスパルスの背番号6番

2018 1/24 11:44Aki
6
このエントリーをはてなブックマークに追加

小学5年生から23年間 清水エスパルス

2017年シーズンをもってスパイクを脱ぐ決断を下したJリーガーの中に、「清水の誇り」と呼ばれた杉山浩太がいる。引退会見で、


「小さい頃から僕はたくさんの人に、エスパルスに守られてきましたし、その中で僕しかエスパルスを守れない時期は必ずあったと自信を持って言えるので、エスパルスに恩返しできたなという気持ちもあります。」

出典:清水エスパルス公式HP

と語った。2年間(2008年~2009年)柏レイソルに期限付き移籍していた時期以外は、小学5年生の時にエスパルスサッカースクールに加入して以降、ジュニアユース、ユース、トップチームと常に清水エスパルスの選手だった杉山浩太。
プロ選手としては15年間。下部組織を含めると23年間の現役生活を終えることとなった。

下部組織では数々のタイトルを獲得しトップチームへ

身体も小さく細身ながらも、視野の広さを活かした長短のパスでゲームを作るプレーメーカーとして早くから頭角を表していた。中心選手としてジュニアユースでは日本クラブユース選手権(1997年)、ナイキプレミアカップ、高円宮杯全日本ユース(1998年)とタイトルを獲得。
ユースに進んでからもクラブ史上初となる日本クラブユース選手権(2002年)にも優勝し、さらに年代別日本代表にもコンスタントに選ばれるようになっていた。

トップチームに昇格したのは2003年。プロ1年目の静岡ダービーでデビューを果たす。
ジュニアユース時代からコーチとして杉山を見てきた加藤慎一郎氏によると、当時から「ボールを奪うのはうまかった」こともあり、トップチームでは広い視野とパスセンスを活かすために、主に守備的ミッドフィールダーとしてプレーすることになっていった。

おすすめの記事