「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年シーズン2冠を達成!セレッソ大阪が身につけた「強さ」

2018 1/10 12:12Aki
セレッソ大阪
このエントリーをはてなブックマークに追加

J1で「最も弱い」チームがシーズン2冠を達成

かつての森島寛晃氏にはじまり、西澤明訓氏、大久保嘉人選手。近年では香川真司選手、乾貴士選手、清武弘嗣選手、山口蛍選手、柿谷曜一朗選手と、セレッソ大阪は数多くの日本代表選手を輩出してきた。
しかし、2016年までセレッソ大阪として獲得したタイトルはなかった。2010年以降は、2度のAFCチャンピオンズリーグ出場を果たすなど、好成績を上げるシーズンもあるのだが、2014年にはJ2に降格してしまう。
豊富なタレントを擁し、強い時は本当に強いのだが、一旦崩れると簡単に負けてしまう。セレッソ大阪はそんな印象を拭えないチームだった。

2017年、2シーズンぶりにJ1へ復帰したセレッソ大阪だが、昇格プレーオフでなんとかJ1復帰を果たしたに過ぎない。前年度シーズン終了時点では、J1で「最も弱い」チームだった。
シーズンが開幕すると上位争いを繰り広げ、11月4日のYBCルヴァンカップで決勝クラブ史上初のタイトル獲得。さらに2018年1月1日の天皇杯決勝でも勝利し、シーズン2冠を達成した。1年でいきなり2つのタイトルを獲得したのだ。

同じ相手に4度負けるわけにはいかない横浜F・マリノス

YBCルヴァンカップ決勝は開始早々に相手のミスから先制を奪う展開となったが、天皇杯決勝はそうはいかなかった。
先制したのは横浜F・マリノス。2回のリーグ対戦に加え、ルヴァンカップでも同グループと、今季3度の対戦があり、その全てでセレッソ大阪が勝利していた。
横浜F・マリノスはさすがに同じ相手に4度負けるわけにはいかないと、セレッソ大阪をきっちり分析し、はっきりとした狙いをもってこの決勝に挑んでいた。伊藤翔選手が挙げた先制ゴールはまさに狙い通りの形だった。

横浜F・マリノスの分析は、攻撃だけでなく守備にも発揮される。セレッソ大阪は、今季ベストイレブンにも選ばれたエース杉本健勇選手不在の影響もあり、攻撃はするもののどこかぎこちない。
今季の特徴であるダイナミックな展開も見せられず、清武選手や柿谷選手のテクニックも不発。1点リードしているだけでなく、試合の主導権も横浜F・マリノスが握っていた前半だった。

おすすめの記事