「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

FC東京のディフェンスリーダーが背負う背番号3番

2017 12/26 15:34Aki
サッカーコート
このエントリーをはてなブックマークに追加

クラブ創成期はブラジルとの関係が深かったFC東京

近年はランコ・ポポヴィッチ氏、マッシモ・フィッカデンティ氏とヨーロッパの監督が率いているFC東京だが、FC東京の前身となる東京ガス時代からのちにキング・オブ・トーキョーと呼ばれるアマラオ氏に代表されるように、ブラジルサッカーの影響を大きく受けたクラブだった。
それを象徴しているのが、Jリーグに昇格した1999年から2009年までの間でFC東京に所属した外国人選手19人中16人が、ブラジル人であったという事だ。

近年はベルギー国籍のピーター・ウタカ選手やスペイン国籍のサンダサ選手、オーストラリア国籍のネイサン・バーンズ選手など多国籍軍となっているが、元々はブラジル人ばかりを獲得していたのだ。
ランコ・ポポヴィッチ氏が就任するまでは、監督も大熊清氏や原博実氏らの日本人監督が続き、唯一の外国人監督は、ブラジル人のアレシャンドレ・ガーロ氏だった。

ディフェンスリーダーがつける、背番号3番

ブラジルとの深い関係を感じさせる部分が、今のクラブにも残っている。 それは背番号3番がディフェンスリーダーの番号となっている事だ。ヨーロッパでは左サイドバックが背負う事の多い背番号3番だが、ブラジルではセンターバックの番号である。

2017年のブラジル代表でも背番号3番はインテル・ミラノに所属するベテラン、ミランダ選手がつけるなど、歴代のディフェンスリーダーが背負ってきた番号なのだ。FC東京でもブラジル代表同様に背番号3番は歴代のディフェンスリーダーが背負ってきた。

おすすめの記事