「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ジュビロ磐田のレジェンドナンバー背番号9番の歴史

2018 1/4 15:20Aki
背番号6番
このエントリーをはてなブックマークに追加

ジュビロ磐田の背番号9番、中山雅史氏

ジュビロ磐田を代表する背番号といえばやはり9番だろう。ジュビロ磐田はもちろん、日本を代表するストライカー中山雅史氏が長年背負った背番号だ。

Jリーグで固定番号制度が導入されたのは1997年。ジュビロ磐田がJリーグに昇格した1994年は、まだ先発メンバーが順に1番から11番をつける変動番号制度をとっていた。
しかしこの時点で既に、日本代表でも活躍を見せるストライカーとなっていたため、ジュビロ磐田の9番といえば中山氏のものとして固定されていた。

1994年3月12日に行われたジュビロ磐田のJリーグ初戦、Jリーグサントリーシリーズ 第1節鹿島アントラーズ戦でも、中山氏は背番号9番をつけて先発。
そしてその後、彼がJリーグ初ゴールを決めたJリーグサントリーシリーズ 第3節ヴェルディ川崎(当時)戦でも背番号9番をつけてプレーしている。

中山氏が9番以外の番号をつけてプレーしたのは】

そんな中山氏がジュビロ磐田でのJリーグの試合で、9番以外の背番号をつけた事があるのをご存知だろうか。その試合は、1995年の開幕戦となるJリーグサントリーシリーズ 第1節ジェフユナイテッド市原(当時)戦と、1996年Jリーグ 第11節横浜フリューゲルス戦の2試合である。

しかし、この2試合で中山氏が9番をつけなかった理由はそれぞれ異なる。後の1996年第11節横浜フリューゲルス戦では、ベンチスタートの試合となった。
変動番号制では先発メンバーが1番から11番と決まっているため、ルール上中山氏が9番を背負う事は不可能だった。そのため、15番をつけ79分より出場している。

一方、先の1995年の開幕戦、ジェフユナイテッド市原(当時)戦では先発出場にもかかわらず、11番をつけてプレーしていた。中山氏が11番を背負ったのは後にも先にもこの試合のみだった。
そこにはどのような背景があったのだろうか。

おすすめの記事