「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

悲願のJ1初昇格を果たしたV・ファーレン長崎

2017 12/6 13:53Aki
サッカーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

13チーム目のJ1初昇格

2017年の明治安田生命J2リーグも11月19日でレギュラーシーズン全42節を消化。
自動昇格圏となる2位にV・ファーレン長崎(ヴィファーレンながさき)が入り、悲願のJ1初昇格を果たした。

1999年にJリーグ ディビジョン2(当時)が開幕し、2017年で19シーズン目。これまでの18シーズンでのべ54チームがJ1に昇格してきたが、V・ファーレン長崎は2014年の松本山雅FC以来、3年ぶりに13チーム目のJ2からJ1初昇格チームだ。
九州勢では、アビスパ福岡、大分トリニータ、サガン鳥栖に続き4チーム目のJ1チームとなる。

2017年開幕直前に発覚した経営危機

2017年のシーズン開幕前に、V・ファーレン長崎がJ1昇格を達成すると予想した人は、ほとんどいなかったのではないだろうか。それは、前年の順位が15位だったという成績面からだけではない。
2017年シーズン開幕前直前の2月に深刻な経営問題が発覚。債務超過により2017年シーズン終了後には成績いかんにかかわらず、J3降格の可能性もあることがあきらかになったからだ。

またさらに、シーズン開幕直後の3月には翌月にも社員への給与未払いが発生する見込みであることが明らかにされ、もはやクラブそのものの存亡の危機とも言える状況だった。
そんなクラブの危機的状況を救ったのが、当時の筆頭株主であった地元長崎のジャパネットホールディングス。急遽V・ファーレン長崎を100%子会社化し、テレビショッピングでおなじみの高田明氏が社長に就任することでこの経営危機を乗り越えた。

おすすめの記事