「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ブラジルサッカーの影響を感じる柏レイソルの背番号

2017 11/10 12:24Aki
サッカーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

過去に6人のブラジル人監督が就任している柏レイソル

ブラジルサッカーに影響を受けたクラブかどうか見極めるには、過去にブラジル人監督がどれだけ在籍していたかで見ることができる。
特にクラブの創成期にあたる時期にどのような監督が務めていたかは重要で、ここで作られたベースが後々大きく方向性を決めている。

そんなブラジルサッカーの影響を強く受けたクラブの1つが、柏レイソルだ。
柏レイソルはJリーグの加盟に向けて動き出した1993年から、2017年までの間に17人の監督が就任してきた。 この中で最多は日本人だ。現在の下平氏、現在日本サッカー協会で技術委員長を務める西野朗氏など10人の日本人監督がいる。
それ以外の7人は外国人監督となるのだが、この7人中6人はブラジル人監督。2012年にリーグタイトルをもたらせたネルシーニョ氏を筆頭に、ブラジルの名将がズラリと並ぶ。 ブラジル人ではなかった外国人監督は、最初、柏レイソルのコーチとして就任、そして監督へと昇格したイギリス人のスティーブ・ペリマン氏ただ1人である。
特にクラブの礎をつくった創成期となる1993年から1997年にかけて、ブラジル監督が続いた影響は大きいはずだ。その後、日本人監督がつとめた期間の方が長くはなるが、ブラジルサッカーの影響は現在でもみることができる。

ブラジルサッカーの影響を受けたチームが多いJリーグ

Jリーグにはブラジルサッカーの影響を色濃く受けているクラブが多い。 これは日本のJリーグが世界的には後発のプロリーグであり、創成期であるJリーグ開幕時期と前後して多くの外国人監督が就任するようになったことが大きいだろう。

日本サッカー界はかつて、デッドマール・クラマー氏(ドイツ人サッカー指導者、日本サッカーの父)に代表されるように、ドイツを始めとするヨーロッパサッカーの影響を色濃く受けていた。しかし、Jリーグ開幕前後に多くのブラジル人監督が来日することとなった。
もちろんヨーロッパからの監督も何人も来日したが、数としてはブラジル人監督のほうが圧倒的に多い。これはヨーロッパでは既に充実した自国リーグがあり、自国の側には別の国のプロリーグがある。自然とヨーロッパ内での移籍、就任が多くなる。

他方、「ブラジル人選手は世界中のプロリーグに存在する」と言われる事もあるように、ブラジル人は積極的に世界へと進出し、活躍することが多い。したがって、選手と同じようにヨーロッパの監督に比べるとブラジル人監督の方が呼びやすいという部分はあると思われる。

さらに、ブラジルでは短期間で監督を変えるチームが多い事も無関係ではないだろう。
ヨーロッパでは名将と呼ばれる監督は1つのクラブで長く監督を務める傾向が強いため、実績ある監督は既にどこかに就任していることが多いが、ブラジルでは名将と呼ばれ実績ある監督がフリーとなっている事も多い。

おすすめの記事