「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ガンバ大阪に見られるヨーロッパサッカーの背番号

2017 11/10 12:24Aki
ガンバ大阪
このエントリーをはてなブックマークに追加

数々のブラジル人ストライカーがプレーしたガンバ大阪

関西の雄であるガンバ大阪。魅力的な攻撃的サッカーで常に優勝争いに絡む強豪チームとして知られ、日本代表選手はもちろんこれまで数々の外国籍選手も大活躍を見せてきた。
これまで、ガンバ大阪に所属していた外国籍選手で最も多いのはブラジル人選手だ。

特にストライカーにブラジル人選手が多く、2005年にJリーグMVPと得点王を同時受賞したアラウージョ氏、2006年のJリーグ得点王マグノ・アウベス選手をはじめ、レアンドロ選手、バレー選手、フェルナンジーニョ選手、マグロン氏、パトリック選手、そして2017年現在もガンバ大阪でプレーするアデミウソン選手など、素晴らしいブラジル人ストライカーが多くプレーしてきたクラブである。

過去にブラジル人監督は1人

クラブの創設期に関わった監督の影響は、その後そのチームの特徴として色濃く残ることがある。
多くのブラジル人選手がプレーしてきたガンバ大阪だが、他チームのようにブラジル人監督が多く就任してきたチームではない。

歴代監督を見てみると、ガンバ大阪が誕生した1992年初代監督の釜本邦茂氏から、2017年の監督を務める長谷川健太氏までで11人いるが、この中でブラジル人監督は1人だけだ。そのブラジル人監督ジョゼ・カルロス・セホーン氏は、2012年にリーグ戦わずか3節で解任となっている。
初代監督の釜本氏は、日本サッカーの父デットマール・クラマー氏(ドイツ)を師に持ちドイツに留学している。ガンバ大阪の前身である松下産業サッカー部の初代監督は水口洋次氏だが、彼もヨーロッパ研修を経験している。

ガンバ大阪の監督11人のうち最多は日本人監督(6人)だ。外国人監督としてはセホーン氏を除くと、ドイツ人のジークフリート・ヘルト氏、クロアチア人のヨジップ・クゼ氏、オーストリア人のフリードリッヒ・コンシリア氏、フランス人のフレデリック・アントネッティ氏となっている。
ブラジル人選手の活躍が目立ってきたガンバ大阪だが、監督を見てみると、ヨーロッパ人もしくはヨーロッパの影響を受けた監督が歴任してきたことがわかる。

おすすめの記事