「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

チームカラーは赤と黒、コンサドーレ札幌のユニフォームをチェック!

2017 10/13 11:07SOL
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by matimix/shutterstock.com

日本最北のJリーグクラブ、コンサドーレ札幌。 赤と黒をベースにしたユニフォームでリーグ戦を戦い続けている。 この記事では、Jリーグ加盟から20年が経過した同クラブのユニフォームのディテールにフォーカスする。

赤&黒だけじゃない!公式チームカラーは全4色!

これまでのユニフォームでベースカラーとなっているのは赤と黒。チームカラーは全部でコンサドーレレッド、ブルーグレイ、ブラック、ホワイトの4色と定義されている。

レッドは「暖かい炎」。すなわちファイティングスピリットの象徴としての存在感を放っている。ブルーグレイは「針葉樹林の茂る深い森」をイメージ。ピッチ内での選手たちが冷静な状況判断を行う姿勢を表す。ブラックは無限大のパワーを表し、ホワイトはチームとしてのフェアプレイ精神を象徴する色と定義されている。

これまでのオフィシャルサプライヤーは全3社!

コンサドーレ札幌は、チーム創世期からJリーグに加盟した最初のシーズンまではプーマ社製のユニフォーム、その後7シーズンはadidas社製のユニフォームを使用してきた。

ブラジル代表ストライカーであるフッキが背番号10を背負った2006年シーズンからは、イタリアのKappa社とチームのオフィシャルサプライヤー契約を締結。今日に至るまで10シーズン以上にわたり、同社製のユニフォームを着用している。

1stユニフォームは赤と黒のストライプを伝統として貫いており、サッカーに興味のない北海道民にも、全国のサッカーファンにもおなじみのデザインとなった。

おすすめの記事