「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

背番号からみるオランダサッカーと大宮アルディージャ

2017 10/13 10:05Aki
オランダサッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

J2オリジナル10の1つ、大宮アルディージャ

サッカーの街大宮をホームタウンとし、日本初・国内最古のサッカー専用スタジアム「NACK5スタジアム大宮」をホームスタジアムとする大宮アルディージャ。
電電関東サッカー部(NTT関東サッカー部)をルーツとしており、1999年にはじまったJ2のオリジナル10の1つであるこのクラブは、他のJリーグのクラブとは異なる特徴を持った興味深いクラブでもある。
そんな大宮アルディージャの特徴と歴史を、これまでの選手がつけた背番号から紐解いてみよう。

ストライカーが10番をつけるクラブ

それぞれのチームによって特別な番号はあるものの、サッカーでは基本的にエースナンバーと呼ばれているのは10番である。特別な番号があるチームであってもペレやマラドーナが背負った10番は、そうそう気軽につけられる番号ではない。
ただこの10番をつける選手については、それぞれのチームによって、司令塔、もしくはエースストライカーと大きく2通りに別れている。

日本国内で一般的なのは前者であり、10番といえばテクニックやファンタジーを持つ中盤の司令塔がつける番号として定着している。 しかし、大宮アルディージャで10番をつけてきた選手をみると、中盤の選手は2016年に10番をつけた岩上祐三選手と、2014年、2015年につけた渡邉大剛選手の2人ぐらいであり、なおかつ2人とも司令塔というタイプの選手ではない。

渡邉大剛選手の前に日本人で10番をつけた黒崎久志氏を始め、クラブ最長となる2年半10番を背負ったラファエル選手など、大宮アルディージャの10番はストライカータイプの選手ばかりなのだ。
2017年の10番、大前元紀選手を始め、デニス・マルケス選手、エニウトン選手、マルティネス選手、トゥット選手、ダニエル選手、アンデルソン選手、ジョルジーニョ選手、マーク選手、エドウィン選手と彼ら全てが少なくともフォワードの選手である。

10番をストライカーがつけるのは、ブラジルやアルゼンチンではなく、オランダやイングランドなどのヨーロッパの文化である。大宮アルディージャはJリーグでは数少ないヨーロッパサッカーの影響を受けたクラブなのだ。

おすすめの記事