「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴代背番号の変化で見る横浜F・マリノスの歩み

2017 10/13 10:05Aki
横浜F・マリノス,日産スタジアム
このエントリーをはてなブックマークに追加

Jリーグ名門クラブの1つ、横浜F・マリノス

Jリーグオリジナル10の1つである横浜F・マリノス。前身となる日産自動車サッカー部は比較的新しいクラブではあったが、1981年に後の日本代表監督にもなる加茂周氏を日本初の日本人プロ監督として招聘するという積極的な姿勢で強化を勧めると、1980年代後半には日本サッカーリーグ(JSL)の強豪となり、Jリーグ開幕時には日本サッカー界を代表するチームの1つとなっていた。

横浜マリノス(当時)としてJリーグに参加したチームは、リーグ戦開幕前年の1992年に天皇杯優勝。開幕3年目の1995年にはリーグチャンピオンとなるなど、早くから結果を積み重ねた。
その後もコンスタントに結果を出す事で、鹿島アントラーズと並び降格経験の無い数少ないクラブの1つとして強豪チームとなっていく。

そんな横浜F・マリノスだが、何もせずして強豪という訳ではない。内容の大小はあるが、これまでに何度も路線変更を行ないチーム改革をしているのだ。

アルゼンチン路線を敷いた横浜マリノス

Jリーグ開幕当初、横浜マリノス(当時)はアルゼンチン国籍の選手を多く集めていた。日本サッカーリーグ(JSL)からのライバル、ヴェルディ川崎(当時)がブラジル国籍選手を多く集めていた為なのだが、それが幸いした。
アルゼンチンを代表するストライカーであるラモン・ディアス氏や、アルゼンチンリーグで得点王の経験もありアルゼンチン代表にも選出されたキャリアを持つダビド・ビスコンティ氏など、アルゼンチンのビッグネームを多く獲得することができた。

その後もグスタボ・サパタ氏、ラモン・メディナベージョ氏、など多くのアルゼンチン国籍選手が加入する。監督もJリーグ開幕は清水秀彦氏で迎えたが、1995年はアルゼンチンの名将ホルヘ・ソラリ氏が指揮をとるなど、横浜マリノスはアルゼンチンの影響を受け成長していった。

おすすめの記事