「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

セレッソ大阪の背番号2番から見る、ドイツサッカーとの意外なつながり

2017 10/13 10:05Aki
セレッソ大阪
このエントリーをはてなブックマークに追加

セレッソ大阪の特別な番号「8番」

セレッソ大阪にまつわる背番号と言えば、最初に出てくるのはやはり8番だろう。森島寛晃氏が背負い、その後香川真司選手、清武弘嗣選手、柿谷曜一朗選手と引き継がれた背番号で、セレッソ大阪のエースナンバーだ。今や下部組織でも、そしてレディースチームにもこの伝統は受け継がれていおり、セレッソ大阪の全てのカテゴリーのチームが8番をエースナンバーとしている。
おそらく現在育成組織に所属している若い選手達は、森島寛晃氏の現役時代を見たことが無い選手たちばかりだろう。しかし森島氏からこの8番を引き継いだ香川選手、清武選手、柿谷選手が森島氏へのリスペクトを表し、そして8番という番号の重みを表現することで、ルーツとなった森島氏を知らない選手達にもその偉大さを伝える事ができている。

しかし、今回はあえてセレッソ大阪の8番以外の背番号を取り上げてみようと思う。
Jリーグに固定番号制度が導入されたのは1997年。2017年で21年目を迎える事となったが、これまでの背番号を見ていると、その時のチーム状態や方向性など様々なものが見えてくる。
セレッソ大阪の21年間でつけられてきた背番号からチームの歴史を振り返ってみよう。

ブラジルの名将レヴィー・クルピ氏の印象が強いチーム

セレッソ大阪といえば、J1で上位争いに絡んだかと思えば突然不調に陥りJ2降格もあるという不思議なチームだが、最も印象的なのはレヴィー・クルピ氏が率いた2007年から2013年のチームでは無いだろうか。(2012年の半年間はセルジオ・ソアレス氏が指揮を取っている)

その後ヨーロッパのサッカーシーンでも大活躍を見せる香川真司選手、乾貴士選手を始め、現川崎フロンターレの家長昭博選手、ガンバ大阪の倉田秋選手、など今では各チームのエースクラスの選手がしのぎを削りあった魅力的なチームで、清武選手、柿谷選手もブレイクしたのはここからだ。
そして下部組織出身の山口蛍選手や杉本健勇選手、南野拓実選手もクルピ氏の元で才能を磨いた選手たちだ。

この事からセレッソ大阪といえばブラジルサッカーの影響が強いと思われるが、実はそうではない。それは、これまでの背番号リストを見ているとわかる。

おすすめの記事