「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

特別な意味を持つ、徳島ヴォルティスの背番号11番

2017 10/13 10:05Aki
ユニホーム,背番号11番
このエントリーをはてなブックマークに追加

未来のスターが在籍した過去を持つ徳島ヴォルティス

大塚製薬サッカー部をルーツに持つ徳島ヴォルティス。Jリーグのクラブ増加に伴って四国勢としては1番手となる2005年からJ2に参入し、2014年に四国勢では唯一となるJ1昇格を果たしており、四国で最も成功をしているJクラブと言っても良いだろう。(2017年現在)

またこのクラブには、若き日の柿谷曜一朗選手や丹羽大輝選手、ドゥンビア選手がいた。2008年に日本代表とコートジボワール代表の対戦が日本で行われる事となり、たまたま日本国内にいるコートジボワール人としてドゥンビア選手は代表チームに招集された事になった。
その後、代表チームに定着するだけでなく、ロシアのCSKAモスクワや、ポルトガルのスポルティングCPでUEFAチャンピオンズリーグ出場する。このように、大きくステップアップする選手が在籍したチームなのだ。

しかし、徳島ヴォルティスにおける特別な背番号は、柿谷選手のつけた13番でも、丹羽選手がつけた17番でも、ドゥンビア選手がつけた10番でもない。
徳島ヴォルティスにはそれ以上に特別な選手がつけた番号があり、クラブやサポーターにとって今でも大切な番号となっているのだ。

徳島の特別な番号11番

徳島ヴォルティスにとって特別な番号となっているのは11番である。日本国内で11番といえば「キング・カズ」こと三浦知良選手を指す番号だが、ここ徳島では違う。
11番といえば片岡功二氏の事であり、彼がつけた11番は徳島ヴォルティスにとって特別な番号として、チームのエース格の選手が付けるようになった番号なのである。

2009年に現役を引退した片岡功二氏は、Jリーグファンの中でも全国的な知名度は高くない選手だ。
だが徳島での知名度は抜群なのだ。徳島ヴォルティスの歴史は片岡功二氏抜きでは語ることができないほど、クラブにとって欠かす事のできない大切な選手であり、サポーターにとっても「ミスター・ヴォルティス」といえば片岡功二氏なのだ。

おすすめの記事