「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ディフェンスリーダーが背負ってきたガンバ大阪の背番号5番

2017 9/13 14:03Aki
丹羽大輝選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

数多くの意味ある番号を持つガンバ大阪

Jリーグオリジナル10の1つであり、J1で2度の優勝、2008年にはAFCチャンピオンズリーグを制し、2014年にはJリーグクラブとして鹿島アントラーズに続き2クラブ目となる国内三冠を達成しているガンバ大阪。
このクラブには、その歴史と栄光にふさわしく幾つかの伝統ある背番号が存在する。その1つがミスターガンバと呼ばれた松波正信氏がつけた「11番」であり、この番号は後に播戸竜二選手が受け継ぎ、また宇佐美貴史選手も背負った。

他には、Jリーグ創世記は永島昭浩氏が背負い、固定番号制となった1997年以降は、エムボマ氏やマグノ・アウベス氏、ルーカス氏、現在はアデミウソン選手と歴代外国人ストライカーが背負ってきた「9番」。
2003年以降遠藤保仁選手が背負い続ける「7番」。2017年に二川孝広選手から倉田秋選手が受け継いた「10番」と枚挙にいとまがない。
そんな番号の1つが「5番」。この番号は伝統的に攻撃的なサッカーを繰り広げてきたガンバ大阪において、守備のリーダーが背負ってきた番号だ。

クラブ創世記の背番号5番

変動番号制だったJリーグ創世記に、ガンバ大阪で5番を背負ったのは守備的ミッドフィールダーとしてスマートなプレーを見せていたフラビオ氏だった。固定番号制となった1997年以降もダンブリー氏や、現在横浜F・マリノスでプレーするダビド・バブンスキー選手の父親であるボバン・バブンスキーと外国人選手がつけていた。
ガンバ大阪の5番に特別な意味が加わるようになったのは2000年、宮本恒靖氏がこの番号をつけるようになってからである。
それまでガンバ大阪では20番をつけていた宮本氏だったが、シドニーオリンピックに向けて戦うU-23日本代表チームで背負っていた5番に変更。
抜群のキャプテンシーを誇るディフェンスリーダー宮本氏が5番をつけたこの瞬間から、ガンバ大阪にとって5番が特別な番号となっていったのだ。

おすすめの記事