「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

アルビレックス新潟の歴史と共に歩んだ背番号15番

2017 9/13 14:03Aki
サッカーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

アルビレックス新潟の誕生

日本と韓国で行われたFIFAワールドカップ2002の開催地として立候補した新潟県は、それと同時にプロサッカークラブの創設を決定。1955年に創部された新潟イレブンサッカークラブがアルビレックス新潟へと変わっていった。
Jリーグへの参加となったのは1999年。コンサドーレ札幌(当時)、ベガルタ仙台、モンテディオ山形、大宮アルディージャ、FC東京、川崎フロンターレ、ヴァンフォーレ甲府、サガン鳥栖、大分トリニータと共にこの年から始まったJ2に参加する「J2オリジナル10」の1つとして、Jクラブとしての歴史を歩み始めた。
これをきっかけにアルビレックス新潟は大きくチームを変革。当時J2に参入したクラブのほとんどがそうだったが、それまでのチームとは選手を大きく入れ替える形を取り、各ポジションに多くのJリーグ経験者が加入することとなる。

地元新潟県出身の本間勲選手

新潟県北蒲原郡中条町(現・胎内市)出身の本間勲選手が加入したのは、アルビレックス新潟がJ2に参入した翌年となる2000年。高校では千葉の習志野高校にサッカー留学をし、全国高校サッカー選手権に出場しているが、高校卒業後に地元に戻りアルビレックス新潟に加入。背番号15番を背負うこととなる。
本間選手はルーキーイヤーの2000年に右サイドの攻撃的ミッドフィールダーとして29試合出場3得点といきなりの活躍を見せるが、翌2001年に現在松本山雅FCで監督を務める反町康治氏がアルビレックス新潟監督に就任すると徐々に出場機会を減らしていく。
2002年のちょうどFIFAワールドカップ開催時期にブラジル短期留学に出るなど、チームからの期待は感じられるものの、おそらくこの時点では、アルビレックス新潟というクラブにとって本間選手がその後大きな存在となる事を予測できていた人は多く無かっただろう。

おすすめの記事