「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

川崎フロンターレの背番号10番が持つ歴史を変える大島僚太選手

2017 9/13 14:03Aki
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラジルとの関係が深い、川崎フロンターレ

今やJリーグを代表する強豪クラブの1つとなっている川崎フロンターレ。
前身の富士通サッカー部から川崎フロンターレとなったのはJリーグが既に開幕していた1997年とJリーグの中では比較的新しいクラブで、Jリーグに加入したのはJ2が設立された1999年だった。
このクラブ設立時から現在まで続く伝統の1つがブラジルとの密接な関係。
川崎フロンターレはプロ化にあたって、ロナウジーニョの出身クラブでもあるブラジルの名門グレミオと提携。現在も使われている川崎フロンターレのクラブカラー、サックスブルーとブラックはグレミオのクラブカラーであり、初代ユニフォームは、グレミオのデザインがほぼそのまま使用された。
そのため、川崎フロンターレにこれまで在籍してきた外国人選手はほぼブラジル人選手。
1999年から2017年に川崎フロンターレに在籍した外国人のうちブラジル人以外の選手は6人しかいない。

歴代ブラジル人が引き継いた、エースナンバー10番

もう1つ川崎フロンターレとブラジルの関係の深い関係を表しているのが、これまで背番号10番を背負ってきた選手達だ。
サッカーにおける背番号10番は特別な番号。かつてブラジル代表でペレ氏が10番を背負って以来、世界中で攻撃の中心選手がこの番号を背負ってきた。
川崎フロンターレで最初に背番号10番を背負ったのはベッチーニョ。ベルマーレ平塚(現湘南ベルマーレ)でも10番を背負いJリーグ入りに貢献した攻撃的ミッドフィールダーが、Jリーグ入りに向けて動き出した川崎フロンターレでもこの番号を背負った。

ここからこの10番はブラジル人のクラッキと呼ばれる特別な才能を持つ選手が受け継ぐことになった。
2代目10番は提携先のグレミオからレンタルで加入したティンガ。後にブラジル代表にも選ばれドイツのボルシア・ドルトムントでもプレーする事になる選手が川崎フロンターレの10番を背負い、その後もマジーニョ、リカルジーニョと続く。
そして川崎フロンターレの10番を最も輝かしい番号としたのは9シーズンに渡って10番をつけたジュニーニョ。J1、J2の両方で得点王となった、川崎フロンターレの歴史上最も重要な選手の1人だろう。
近年で最も輝かしい功績を残したのは、ジュニーニョの後継者として10番を受け継いたレナト。
爆発的なスピードとテクニックで川崎フロンターレの攻撃を牽引。
川崎フロンターレが設立されて以来、10番は一貫してブラジル人選手が背負ってきた。

おすすめの記事