「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ヴィッセル神戸に受け継がれる背番号13番の系譜

2017 8/25 10:07Aki
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

背番号13番のストライカー

サッカーの各国リーグ戦では、1990年代までは先発メンバーが背番号1から11までを背負い、12から16までをベンチメンバーが背負う変動番号制が採用されていた。
そのため、固定番号制となった現在でも、1番から11番をつける選手はレギュラーまたはレギュラーに近い存在であると認められ、各チームのエースナンバーも1番から11番までの間になっている事がほとんどだ。

しかし、一部例外がある。
例外の中で最も有名なものは14番。スーパースター、ヨハン・クライフ氏がオランダの名門アヤックス・アムステルダムで付けた番号だ。
当時のヨーロッパでは珍しく、オランダリーグでは1970年代から固定番号制を導入していた。だからこそ14番がエースナンバーとなることが出来た。当時、他の国では先発選手がこの番号をつける事ができなかったため、世界的な流行になることは無かったが、固定番号制が導入されると人気の番号となった。

ストライカーにとって14番以上に人気を集めたのは13番だった。
爆撃機の異名をとったストライカー、ゲルト・ミュラー氏が当時の西ドイツ代表で背負った番号だ。世界中で行われていたリーグ戦では変動番号制を採用するリーグがほとんどだったが、ワールドカップなどの出場メンバーを予め登録する代表チームの大会では固定番号制が採用されていた。
13番を背負ったミュラー氏は、西ドイツ代表で62試合出場68得点を記録。その中でもワールドカップにめっぽう強く2大会で14得点を記録。これは2006年にブラジルのロナウド氏に抜かれるまで、32年間ワールドカップ通算最多得点記録だった。
ミュラー氏の活躍により、13番という番号はストライカーにとって憧れの番号となっていった。

ヴィッセル神戸に13番を定着させた永島昭浩氏

ゲルト・ミュラー氏の活躍によりストライカーの番号としても知られるようになった13番。この番号は、Jリーグではヴィッセル神戸などで今なお受け継がれている。
ヴィッセル神戸に、13番=エースストライカーという図式を持ち込んだのは、現在TVでもおなじみの永島昭浩氏だ。
永島昭浩氏は1983年に現在のガンバ大阪の前身となる松下電器産業サッカー部に入部。当時はまだ関西リーグだったチームをトップディビジョンへと引き上げ、1993年に開幕したJリーグではチームのエースストライカーとして活躍した人物である。
ガンバ大阪では9番をつけてプレーする事が多かったが、ゲルト・ミュラーの現役時代を知る世代。Jリーグ開幕前は13番をつけていた事もあった。

そんな永島氏が1995年のシーズン途中、当時プレーしていた清水エスパルスからヴィッセル神戸への移籍を決断する。
当時のヴィッセル神戸といえば、まだジャパンフットボールリーグ(旧JFL)に所属しJリーグ入りを目指していた規模のチームだ。そこに、Jリーグでエースとしてプレーしていた永島氏が加入するという事は、かなり珍しい事であり大きな話題となった。

永島氏のヴィッセル神戸加入に大きな影響を及ぼしたのが、1995年に起こった阪神大震災だった。
自身の地元で起こった震災を目にし「神戸を勇気づけたい」としてヴィッセル神戸への加入をきめたのだ。 永島氏の加入したヴィッセル神戸は、加入初年度の1995年こそ震災の影響もありJFLで6位に終わるが、翌1996年には準優勝を達成。13番に背番号を変えた永島氏がチームを引っ張り、Jリーグ昇格を決めた。
このシーズンが、ヴィッセル神戸で13番が特別な番号となった瞬間だった。

おすすめの記事