「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

セレッソ大阪のレジェンドが繋いだエースナンバー背番号8

2017 8/25 10:07Aki
サッカー、ユニフォーム、8番
このエントリーをはてなブックマークに追加

固定番号制となった20年で誕生したチーム毎のエースナンバー

Jリーグに固定番号制が導入されたのが1997年。それまでは試合ごとにスターティングメンバーに選ばれた選手が1から11番、交代選手が12番から16番の背番号を背負う形になっていたのだが、固定番号制によって選手の背番号が固定された。

そして2017年は固定番号制が始まって、ちょうど20年目のシーズン。Jリーグが積み上げてきた20年の歴史の中で、各チームに伝統の背番号が生まれている。
今回はJリーグで最も伝統に重きを置いているクラブの1つ、セレッソ大阪の背番号8番に注目してみよう。

セレッソ大阪では10番や9番ではなく、8番がエースナンバーだ。これは下部組織も含めての事で、中学年代、高校年代のチームでも8番を背負っている選手がエースとなっている。どの年代の選手も8番をつける事を目指し、そして8番の選手はその責任とプライドを背負ってプレーしている。
ここには、これまでトップチームで8番を付けてきた4人の選手によって作られた伝統がある。

日本一腰の低いサッカー選手がつけた背番号

セレッソ大阪の背番号8が特別な番号となったのは、ミスターセレッソこと森島寛晃氏が初代8番を背負っていたからだ。現在はセレッソ大阪のチーム統括部フットボールオペレーショングループ部長として活動している森島氏。セレッソ大阪がJリーグ入りした1995年、当時はまだ背番号変動制の時代に背番号8番を背負ってチームのエースとして活躍した。
その時は14チーム中ファーストステージ9位、セカンドステージ10位、とチームはJリーグの厳しさを味わう事になるのだが、森島氏は11ゴールを記録し、Jリーグ加入1年目ながらJリーグベストイレブンにも選出された。

また、この1995年に当時の日本代表監督であった加茂周氏により、日本代表にも選出される。2列目から豊富な運動量と抜群の動き出しでゴールに迫るプレースタイルは、司令塔やドリブラーが多かった当時の日本サッカー界では画期的であり、現代的な攻撃的ミッドフィールダーだった。

そして森島氏の背番号が後に伝えられるほどになった要因は、プレースタイルだけでなく彼自身のパーソナリティーにもあった。
チームメイトの西澤明訓氏に「日本一腰の低いサッカー選手」と言わしめた森島氏は、サポーターに対しても然りだ。常にファンサービスを欠かさず、丁寧に接する様は、全てのセレッソサポーターを虜にした。この西澤選手によって付けられた異名は森島氏のキャッチフレーズにもなり、引退した際には『ありがとうミスターセレッソ森島寛晃 ~引退・日本一腰の低いJリーガー~』という特番が放送された。

おすすめの記事