「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

尹晶煥監督が守備戦術を整理した、セレッソ大阪

2017 8/3 12:07Aki
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

尹晶煥監督就任で大きな変化を見せたセレッソ大阪

2016年のJ2で4位に終わるも、J1昇格プレーオフを勝ち抜きJ1昇格を果たしたセレッソ大阪。 2017年第15節現在での暫定順位ではあるものの、この段階でなんと2位と大躍進を見せている。

2012年より始まったJ2で3位から6位のチームによって行われるJ1昇格プレーオフ制度。この精度によりJ1に昇格してきた4チームは、全て翌年には最下位でJ2降格となり、15節終了時点で最下位ではなかったのは、2015年のモンテディオ山形のみ。4チームの15節終了時点の平均得点は10.00、平均失点は24.25で、平均勝ち点はわずか9.25しかない。
その前年の順位から考えるとこの結果は予想できるものではあるが、なんとか昇格を果たしたものの、厳しい結果となるというのが例年のパターンだ。

しかし今季のセレッソ大阪は違う。 第15節終了時点で26得点、12失点は例年の倍以上の成績。さらに勝ち点29と既に例年の3倍以上の数字を積み上げる事に成功している。

※得失点数はJリーグデータサイト https://data.j-league.or.jp/SFTP01/ より引用

最大のトピックとなった山村和也選手の前線起用

シーズン開幕前にセレッソ大阪で注目を集めたのは、日本代表でもある清武弘嗣選手の復帰だっただろう。 2012年にセレッソ大阪からドイツの1FCニュルンベルクへと旅立った清武選手。その後ハノーファー96を経由しスペインの強豪セビージャFCへ移籍したものの、出場機会など様々な問題を抱え、古巣セレッソ大阪へ復帰を決断する。日本代表の主力選手の復帰は大きな話題となった。

しかし第15節終了時点では、ところどころで素晴らしいプレーは見せているものの、海外から加入した選手の多くがそうなるように、日本のサッカー独特のリズムやテンポにまだまだ戸惑いがある様子だ。コンディション調整にも苦しんでおり、怪我を繰り返しているため本領発揮とまでは行っていない。

そんな中でチームを牽引しているのがロンドン五輪代表選手で、2016年に鹿島アントラーズから加入した山村和也選手だ。
今シーズンの山村選手はこれまで務めていた守備的ポジションではなく、攻撃的ポジションで躍動している。これまでと全く異なるポジションへの誰もが驚いたコンバートだったが、これががピタリとはまり大柄な体格を活かした高いキープ力と、柔らかいテクニックはまるで元フランス代表のジダンのようだとも例えられるほどである。

さらに第15節終了時点で既に6得点を記録。鹿島アントラーズ時代の4シーズンで記録したJ1リーグ戦での通算得点4を既に越えており、前線でコンビを組む杉本選手と並んでチーム内得点王となっている。

おすすめの記事