「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

柏レイソル、2017年前半戦の戦術を分析しよう

2017 8/3 12:07Aki
soccer,yellow
このエントリーをはてなブックマークに追加

下部組織出身者が多い若いチーム

柏レイソルの平均年齢は、2017年開幕時点で24.2歳。これはU-23チームを持っており、必然的に若い選手が増えるガンバ大阪の23.7歳に次ぐ2番目に若い年齢であり、同じくU-23チームを持つFC東京やセレッソ大阪よりも若い選手構成となっている。
その内訳として、下部組織出身者率が53.8%となっており、2017年のJ1において最大の割合となる。J1全体の下部組織出身者率の平均が23.9%と柏レイソルの数字の半分以下であり、2番目に多いセレッソ大阪が36.6%という事を考えると、柏レイソルの下部組織出身者率がずば抜けて高い事がわかる。すなわちダントツ若い選手が多いチームということである。

柏レイソルは、下部組織から一貫した形でチームを作り上げるという方向性をはっきりと打ち出している。 この方向性は吉田達磨氏がU-15のコーチとなった2003年から進められたもので、2015年にネルシーニョ氏から吉田達磨氏がトップチームの監督に就任すると、一気に本格化する。
しかし、この改革も一筋縄ではいかなかった。
満を持して就任したはずの吉田達磨氏だったが、成績不振により2015年のシーズン終了時点で退任。ブラジル人監督を迎えるものの、この方向転換をきっかけに下部組織出身の主力選手の移籍につながり、クラブは難しい局面を迎えてしまう。
ここでクラブは再び方向転換し、下部組織で監督を務めていた下平隆宏氏を監督として就任させる。この2度目のチャレンジは現段階では成功と言って良いだろう。2017年の柏レイソルは下部組織出身選手が中心となり大きく花開こうとしている。

ハイプレスを選択した下平監督

2017年の開幕戦で柏レイソルの前線に入ったのは、ハモン・ロペス選手とディエゴ・オリヴェイラ選手の外国籍2トップだ。さらにクリスティアーノ選手が左サイドのアタッカーとして起用されている。その一方でディフェンスなどの守備的なポジションには、下部組織出身の選手がズラリと並んでいた。
柏レイソルU-18は「ボールを保持するサッカー」を志向し、世界的にもかなり評価が高いチームである。その下部組織出身の選手がボールを保持しながら前線にボールを運び、フィニッシュの部分を強力な外国籍選手の攻撃力を活かそうというチーム設計だったのだろう。

しかし、この布陣で挑んだ開幕戦にこそ勝利したものの、続く第2節からはなんと3連敗。
失点を重ねたことで下平監督は戦い方の変更を決断する。
下平監督が選択したのは”前線の高い位置からボールを奪いに行く形”いわゆるハイプレスだった。
柏レイソルのセンターバックで起用されているのは、下部組織出身の21歳の中谷進之介選手と、20歳の中山雄太選手の若い選手である。サイドバックに入るのはレノファ山口FCから加入した身長169cmの小池龍太選手と、171cmの輪湖直樹選手ということで両サイドには高さも無い。
下平監督はこの現状を踏まえ、失点を減らす為には自陣でサッカーをする時間を減らす必要があると考え、敵陣からハイプレスを行う事を選択したのだろう。

おすすめの記事