「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本を代表するディフェンダーへと近づく鹿島アントラーズ 昌子源

2017 8/3 12:07Aki
japan,red
このエントリーをはてなブックマークに追加

森重真人選手に代わって日本代表のファーストチョイスに

2017年5月25日に行われた6月のワールドカップ予選にに向けての日本代表メンバー発表会見は、多くのサプライズがあった。その中でも特に大きなトピックは森重真人選手の落選だっただろう。
森重選手といえばハリルホジッチ監督の下で絶対的な存在だった1人。

2013年7月ザッケローニ監督率いる日本代表に招集されて以来、2017年3月のタイ戦まで53試合に招集され続けた森重選手が、ケガをしている訳でもなく日本代表メンバーから外れることとなったのだ。
2017年に入ってからFC東京で見せる森重選手のパフォーマンスは安定感に欠けており、以前よりもミスが目につくようになっている。

とはいえ、日本代表では吉田麻也選手と森重選手のセンターバックコンビは、日本代表守備陣の核ともいえる存在。これまでの経験などを考えると、ハリルホジッチ監督が森重選手を先発から外す可能性はあっても、メンバーから外す決断を下すまでを予想した人は少なかったのではないだろうか。

しかしハリルホジッチ監督は「最近のパフォーマンスに満足していない。」という理由で森重選手を日本代表メンバーから外した。
そしてこの期間に行われた2試合で、森重選手に代わって、吉田麻也選手とセンターバックでコンビを組んだのは鹿島アントラーズの昌子源(しょうじ げん)選手だった。

ガンバ大阪ジュニアユース出身のプラチナ世代

鹿島アントラーズに所属する昌子選手は兵庫県神戸市出身。現在姫路獨協大学サッカー部の監督を務める昌子力氏を父に持ち、小学6年生の時には関西選抜にも選ばれる存在だった。

当時の関西選抜には、現セレッソ大阪の杉本健勇選手、現サンフレッチェ広島の宮吉拓実選手、さらにはガンバ大阪からドイツに渡った宇佐美貴史選手や現ヴィッセル神戸の大森晃太郎選手も選出されていた。
関西でトップレベルの小学生だった彼らは、中学校に進学するとそれぞれJクラブの下部組織へと進む。杉本選手はセレッソ大阪U-15、宮吉選手は京都サンガFCU-15を選び、昌子選手は宇佐美選手や大森選手と共にガンバ大阪ジュニアユースを選んだ。昌子選手の当時のポジションはフォワードだった。

こうしてガンバ大阪ジュニアユースでプレーし始めた昌子選手だったが、中学2年生の時にケガなどもあってチームから外れるようになってしまう。そして中学3年生の時にガンバ大阪ジュニアユースを退団。一時、サッカーから離れた日々を過ごすが、当時サッカー協会でコーチ養成インストラクターを務めていた父親の紹介で、鳥取県の米子北高校へと進学する。
米子北高校で、Jクラブ下部組織出身として期待を集めた昌子選手だったが、ケガやその後のブランクもあり、1年生の時はほとんど試合に出場することができないままであった。

そこで当時の監督であり現在は総監督となった城市徳之氏は、昌子選手をセンターバックにコンバートする。昌子選手本人は当初、守備的なポジションに抵抗を示したが、新しいポジションで試合に出場するようになるとその才能が開花する。そして高校3年生になるころにはU-19日本代表候補にまで選ばれるほどとなっていた。

おすすめの記事