「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

セレッソ大阪の中盤を支えるマルチプレイヤー、ソウザ選手

2017 8/3 12:07Aki
サッカー,ピンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

異例の快進撃を見せるセレッソ大阪

2015年に1年でのJ1復帰に失敗したセレッソ大阪。翌2016年は柿谷曜一朗選手、杉本健勇選手らを呼び戻し、さらに鹿島アントラーズから山村和也選手を獲得。J2では群を抜く戦力を確保し戦うシーズンとなったが、選手だけで勝つことができないのがサッカーだ。戦術的な約束事をほぼ決められず、対戦するクラブの監督からは口々に「個々の選手の能力は高いが、チームとしてはそれほどでもない。」と言われ続けた。

最終的に2016年の順位は前年と同じ4位。再び悲願のJ1復帰に届かないかと思われたが、前年には涙を飲んだプレーオフを制し、なんとかJ1昇格を達成する。

このプレーオフからJ1昇格を果たしたチームにはあるジンクスがある。
それは過去プレーオフを制し昇格を果たした4チーム全てが、その翌年にJ1最下位となり再び降格している事。前年の順位を考えると当然とも言えるが、プレーオフからJ1昇格を達成したチームは全て苦戦しているのだ。

しかし、2017年のセレッソ大阪は、シーズンも中盤に差し掛かろうとする第16節終了時点でなんと2位。好調を維持し続けている。その要因となっているのは、プレーオフから昇格を果たしたチームとしては初となる、昇格を達成したにもかかわらず監督を交代させたこと。
新監督となる尹晶煥氏に、2016年にほとんど見られなかった戦術的な約束事を植え付けられたチームは、シーズン半分にも満たない第16節終了時点でプレーオフから昇格を果たしたチームの最高勝ち点を更新中である。

中盤をリードするソウザ選手と山口蛍選手のダブルボランチ

このチームを支えているのは、ソウザ選手と山口蛍選手のダブルボランチ。
山村和也選手の前線へのコンバートも大きな話題となっているが、山村選手が前線で躍動出来ているのも、ソウザ選手と山口選手が後ろでしっかりとサポートしているからだ。
ソウザ選手と山口選手によるダブルボランチの特徴は共にボール奪取力が高い事にある。山口選手のボール奪取力は日本代表でも重要な戦力となるほどだが、ソウザ選手も山口選手に匹敵するボール奪取力を見せている。
しかし、ソウザ選手が最も輝くのは守備ではなく攻撃である。特に素晴らしいのはボールを運ぶドリブルだ。
ヨーロッパや南米など、サッカー強豪国ではドリブルを、突破のためのドリブルと、ボールを前進させるためのボールを運ぶドリブルの2つに分けて考える事が一般的となっている。
その中でもソウザ選手が得意としているのは後者、ボールを運ぶドリブル。齋藤学選手や宇佐美貴史選手の様にスピードに乗って相手を切り裂くようなドリブルではないが、スルスルと相手陣内にボールを運んでいく。

さらにパスの能力も高く、シュート力もある。ソウザ選手はそんなマルチな能力でセレッソ大阪の中盤を支えている。

おすすめの記事