「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

柏レイソルを牽引する小さな巨人、中川寛斗選手

2017 8/3 12:07Aki
サッカー,黄色
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年好調の柏レイソル

2017年の明治安田生命J1リーグ第15節終了時点で、首位に立っているのは柏レイソル。

2016年シーズンはファーストステージ、セカンドステージ共に優勝争いに加わることができず、年間順位も8位。2017年シーズン開幕に向けての補強として、ベガルタ仙台からハモン・ロペス選手を獲得したものの、J1で実績のある選手は、チームの中で彼一人しかいない。シーズン開幕後には、元日本代表の細貝萌選手を獲得したが、同時期に田中順也選手や茨田陽生選手など複数の主力クラスが、退団してしまった。

2016年に結果を残した浦和レッズや川崎フロンターレ、鹿島アントラーズの3チームはもちろん、大型補強を敢行したFC東京やヴィッセル神戸などと比べ、柏レイソルにそれほど多くの期待が集まったわけではなかった。

そして2017年のシーズンが開幕しても、開幕戦こそサガン鳥栖戦に勝利したものの、第2節から3連敗。ホーム初勝利は第8節まで待たなければならず、決して順調なシーズンの立ち上がりではなかった。

クラブは、開幕直後の結果が出なかったこの時期、試行錯誤を重ねていた。その結果として産まれた布陣・戦術が完全にフィットすると、なんと第7節から8連勝を達成。この快進撃を支えた主役の1人が、中川寛斗選手だ。彼は第4節から先発の座を掴んでいる。

Jリーグで最も身長の低い選手

埼玉県さいたま市出身の中川寛斗選手。サッカーを始めたのは地元のチームに入ったことがきっかけで、小学校4年生の時に柏レイソルの下部組織に加入する。同期には、現在柏レイソルの守護神で、日本代表にも選出された中村航輔選手らがいた。

中川選手はその後、期限付き移籍先となる湘南ベルマーレでプロデビューを果たし、サッカーメディアに多く取り上げられることとなる。それは、中川選手の「ある特徴」が原因だった。

中川選手の身長は155cmである。 中川選手の身体が小さいのは子供の頃から。小学校6年生の時の身長は127cmしかなかった。
あまりに背が伸びないので専門的な調査を受けるが、調査の結果、20歳になった時点でも150cmほどであろうと専門家から告げられていた。周囲から医療的な処置を受けないかと勧められるほどだった。

当時は、身長の低いということが理由で、監督が変わるとどうしてもチームから外されることが多かった。
身長について悩んだ中川選手は、トップレベルでのプレーをあきらめかけたが、父親からのアドバイスで克服することができた。背の低い選手でも活躍できるんだという事を証明しようと、邁進する。ハンデをモチベーションにつなげ、柏レイソル下部組織の中心選手にまで成長する。そして、各カテゴリでタイトルを獲得していくことになる。

おすすめの記事