「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

なまら熱いっしょ!コンサドーレ札幌の応援&観戦を楽しむコツ5か条

2017 7/12 14:39SOL
サッカー,コンサドーレ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Waka77

日本最北のJリーグクラブ、コンサドーレ札幌。 かつては岡田武史氏が監督を務め、山瀬功治選手や今野泰幸選手といった日本代表選手を輩出した北の名門クラブだ。 本稿では、熱い戦いを続けるコンサドーレ札幌の応援スタイル・観戦を楽しむためのコツを紹介する。

基本チャント3つをちゃんと覚えておけば大丈夫!

初めての試合観戦でもわかりやすいチャント(サポーターの掛け声)がある。まずは、「(太鼓の音:ドドン ド ドンドン)コーンサドーレ!」というオーソドックスなもの。両手を挙げて声を出そう。
続いて、「(ドンドンドン)さっぽーろ!」というコール。あなたの愛する大地の名前を大きな声で叫んでみてほしい。
3つ目は「ウィ・アー札幌」というコール。地元愛を感じられる瞬間になるはずだ。 サポーターが集まるゴール裏だけが声を張り上げる場所とは限らない。恥ずかしくても大丈夫。観客1人ひとりの出す声が集まって大歓声はできあがるものだ。3つの基本チャントを声に出すことから始めよう。

地元ネタも含めた札幌らしいチャントにも注目!

コンサドーレの本拠地は、プロ野球・北海道日本ハムファイターズも使用する札幌ドーム。ただし、すべてのホームゲームが札幌ドームで開催されるわけではなく、同じ札幌市内にある札幌厚別公園競技場でも年に数試合のホームゲームが開催される。厚別開催時にしか使われないスペシャルチャントもある。
また、チームが勝利を挙げた時には、試合終了後に選手たちが挨拶にやって来る場面で「すすきのへ行こう みんなで行こう」と歌い、選手たちと一緒になって勝利の喜びを分かち合う。ローカルなネタを盛り込んだチャントがあるのも魅力のひとつだ。

おすすめの記事