「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカー Jリーグを盛り上げた助っ人外国人選手5人

2016 8/20 05:15
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by RTimages/Shutterstock.com

1993年のJリーグ発足から23年。
数々の外国人選手がJリーグを彩り、日本サッカーのレベルを底上げしてくれました。
そこで今回は、Jリーグを盛り上げた助っ人外国人選手を5人厳選してご紹介します。

日本代表の監督としても活躍した「ジーコ」

1993年のJリーグ発足から日本サッカー界を牽引してきた一人でもあるジーコ。
所属の鹿島アントラーズでは、カッパ頭がトレードマークであるアルシンドとのコンビでゴールを量産するなど目覚ましい活躍を見せる一方、相手ペナルティキックの際にボールに唾を吐いて退場になるなど、いい意味でも悪い意味でも記憶に残るプレーが多い選手です。
Jリーグを引退した後は、日本代表の監督として2006年ドイツワールドカップに出場しています。

持ち前のテクニックと強力なミドルシュートで魅了した「エムボマ」

大の親日家として知られる元カメルーン代表のエムボマ。
フランスの名門・パリサンジェルマンで活躍した後、Jリーグのガンバ大阪に電撃移籍、日本のみならず世界中のサッカーファンに衝撃を与えました。 ガンバ大阪に移籍してからは、185センチ85キロの恵まれた体格から34試合に出場して29得点を挙げる活躍を見せました。
1998年-99年シーズンからは再度ヨーロッパに活躍の舞台を移すも、2003年-2004年シーズンではJリーグの東京ヴェルディ、2004年-2005年シーズンではヴィッセル神戸でプレー。強力なミドルシュートで相手ディフェンダーを圧倒しました。

おすすめの記事