「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカー Jリーグを盛り上げた助っ人外国人選手5人

2016 8/20 05:15
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by RTimages/Shutterstock.com

1993年のJリーグ発足から23年。
数々の外国人選手がJリーグを彩り、日本サッカーのレベルを底上げしてくれました。
そこで今回は、Jリーグを盛り上げた助っ人外国人選手を5人厳選してご紹介します。

日本代表の監督としても活躍した「ジーコ」

1993年のJリーグ発足から日本サッカー界を牽引してきた一人でもあるジーコ。
所属の鹿島アントラーズでは、カッパ頭がトレードマークであるアルシンドとのコンビでゴールを量産するなど目覚ましい活躍を見せる一方、相手ペナルティキックの際にボールに唾を吐いて退場になるなど、いい意味でも悪い意味でも記憶に残るプレーが多い選手です。
Jリーグを引退した後は、日本代表の監督として2006年ドイツワールドカップに出場しています。

持ち前のテクニックと強力なミドルシュートで魅了した「エムボマ」

大の親日家として知られる元カメルーン代表のエムボマ。
フランスの名門・パリサンジェルマンで活躍した後、Jリーグのガンバ大阪に電撃移籍、日本のみならず世界中のサッカーファンに衝撃を与えました。 ガンバ大阪に移籍してからは、185センチ85キロの恵まれた体格から34試合に出場して29得点を挙げる活躍を見せました。
1998年-99年シーズンからは再度ヨーロッパに活躍の舞台を移すも、2003年-2004年シーズンではJリーグの東京ヴェルディ、2004年-2005年シーズンではヴィッセル神戸でプレー。強力なミドルシュートで相手ディフェンダーを圧倒しました。

数々のプレーでサッカーファンを虜にした「ストイコビッチ」

ピクシー(=妖精)の愛称で親しまれたストイコビッチ。
1994年から7年にもわたり名古屋グランパスで中心選手として活躍し、2度の天皇杯優勝に貢献した一人でもあります。1995年の9月に開催された試合では、大雨の中リフティングをしながらドリブルをする姿に度肝を抜かれたサッカーファンも少なくないのではないでしょうか。
現役引退後は、故郷ユーゴスラビアのサッカー協会会長などを務め、その後、名古屋グランパスや中国のプロサッカーリーグの監督として活躍しました。

当時の最高年俸を記録した「ゲーリー・リネカー」

元イングランド代表のフォワード、ゲーリー・リネカー。
現在、日本代表の岡崎慎司選手が所属するレスターに1978年から1985年まで所属。194試合に出場し、95点を挙げる活躍を見せました。 その後はバルセロナやトッテナムでプレーした後、1992年-93年シーズンにJリーグの名古屋グランパスに移籍しました。
年俸は当時のJリーグ最高額の3億円でしたが、2シーズンで18試合4得点と不振にあえぎ、2シーズンのみで日本を去っています。

ヴェルディの全盛期を支えた「ビスマルク」

ジーコやアルシンドと同様に、Jリーグ創成期から日本サッカー界を盛り上げた外国人選手、ビスマルク。
現在でも現役として活躍する“キングカズ”こと三浦知良選手やラモス瑠偉選手、そして武田修宏選手や北澤豪選手などと一緒に、ヴェルディ川崎(現在は東京ヴェルディ1969)の全盛期を支えた選手の一人です。
ゴールを決めた時に見せるパフォーマンス“ビスマルクポーズ”は、サッカーファンの間でも話題になり、マネをする小学生がたくさんいました。

まとめ

記録はもちろん、どの選手も記憶に残るプレーばかりしてくれました。
ガンバ大阪に所属するパトリックや浦和レッズのズラタンなど、現在も助っ人外国人選手の活躍は目覚ましいものばかり。 今後もJリーグの助っ人外国人選手から目が離せませんね!

以上「サッカー Jリーグを盛り上げた助っ人外国人選手5人」でした。

関連記事

おすすめの記事