「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

アルビレックス新潟の歴代監督がチームに残したモノ

2016 8/13 15:01
イメージ画像ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

新潟県民の誇りとなっているアルビレックス新潟を彩ってきた歴代監督は、チームにどのようなものをもたらしたのだろうか。今回はアルビレックス新潟の歴代監督が残してきたものについて紹介する。

アルビの基礎を作った監督:反町康治

アルビレックス新潟初のJ1昇格を達成した監督として、反町康治が有名だ。元々は湘南ベルマーレで実績を残してきた選手であり、知性あふれるプレイが印象的だった。監督としても成功するのであろうなと思っていたら、予想通り監督としても高い評価を得ることになる。

計5シーズンに渡りアルビレックス新潟を色紙、J1昇格以外は目立った成績を残すことができなかったが、独自の戦術理論で降格を逃れてきた。今のアルビがあるのも、反町康治なくしてありえない。ファンから今でも高い評価を得ている監督でもある。

アグレッシブなサッカーを展開:鈴木淳

反町康治よりバトンタッチしたのが、鈴木淳だ。モンテディオ山形での実勢を買われての就任だったが、山形時代のスタイルを踏襲してアルビでも結果を残す。トップからの積極的なプレッシングによりアグレッシブサッカーは、多くのファンを熱くさせた。

基本スタイルはほとんど変えることがなかったため、頑固であるように見られていたが、2009年には433を採用するなど監督として成長した一面も見せている。2007年には6位に入るなど、中堅チームとしてチームを押し上げたのは高く評価できる。

名選手は名監督にあらず:黒崎久志

鹿島アントラーズでストライカーとして活躍していた黒崎久志は、鈴木淳の後を受けてアルビレックス新潟の監督に就任する。残念ながら、チーム力をアップさせることができずにこれといった実績を残すことなく退任している。

2011年シーズンには、コーチとして現在日本最高の監督とも言える森保一を据えるが、なかなか結果に結びつかず降格争いに終始する。他にも、コーチ陣には恵まれたものの、それを生かせなかったのは残念だ。

戦略家として有名:柳下正明

ジュビロ磐田のカラーが強かった柳下正明がアルビレックス新潟の監督に2012年6月に就任する。まずは守備のテコ入れを果たし、その後にポゼッションを高めることによりボールを取られないサッカーに力を入れる。成岡翔などのジュビロ時代の教え子をアルビに招集したのも特徴といえる。

チーム事情もあり、残留争いの常連となっていたのは残念だが、サッカーとしては魅力的なものがあった。田中達也を大切に起用して、今の復活につなげたあたりも高く評価したい。

まとめ

ヴィジョンが見えず、すぐに監督を交代させるチームが多い中、アルビレックス新潟は割合我慢強く監督を起用するイメージがある。これは潟県民の県民性とマッチする点でもある。いつの日か、新潟の地でタイトルを勝ち取る姿を見たいところだ。

おすすめの記事