「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ヴァンフォーレ甲府の歴代監督がチームに残したモノ

2016 8/13 15:01
足でおさえたサッカーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Andresr/Shutterstock.com

ヴァンフォーレ甲府のクラブ史を戦績とともに学びたい人向けに本記事では、ヴァンフォーレ甲府の監督が残したものについて紹介する。

ヴァンフォーレ甲府、甲府サッカークラブからの移行

ヴァンフォーレ甲府は1965年にできた甲府サッカークラブを前身とした、甲府市、韮崎市を中心とする山梨県全県をホームとするサッカーチームで、99年よりJ2に参加した。
甲府サッカークラブのOBで元監督の勝俣進氏が監督に就任するが、開幕10試合未勝利を喫するなど成績は振るわず、翌年、塚田雄二氏が監督についた。塚田監督は勝俣氏の前にヴァンフォーレ甲府の監督を務めていたが、Jリーグの監督に必要はS級指導者ライセンスをもっていなかったため、その資格を取得しての復帰になる。
だが、費用不足などから補強もできず、途中退団者が多く出たため、急遽スタッフを選手登録するなどして窮地をしのぎつつも、6連敗、19連敗を含む26試合未勝利となるなど、成績も絶不調だった。シーズン終了直前に経営危機が破格し、チームの存亡が問題となった。

ヴァンフォーレ甲府チームの存続と勝てるチーム作り

存続運動の結果、体制が変わり、ブラジルのプロサッカーチームSEパルメイラスと提携を結ぶことになり、4人の選手を始め、監督のルイス・ドス・ヘイス・ゴンサベル氏が伴フォーレ甲府にやってくることになった。
成績は3年連続最下位だったが、チーム存続の条件だった平均観客動員数3000人以上、クラブサポーター数5000人以上、スポンサー収入5000万円以上の3つの条件をクリアし、存続が決定した。新しく歩み出すことになったヴァンフォーレ甲府は、2002年、パルメイラスとの提携を解除し、清水エスパルスと提携する。
そこで監督に大木武が就任。各選手の台頭で得点力がつき、清水エスパルスのアライールをレンタル移籍させることで守備を固め、最下位から7位まで順位を引き上げる好成績を残した。ここから勝てるチーム作りが出来上がっていく。

ヴァンフォーレ甲府攻撃的サッカーでJ1昇格へ

その後2003年、04年は東京ベルディの元監督松永英樹氏が監督を勤めた。ツートップ体制の得点力重視のスタイルで、03年は5位と健闘、04は7位という成績をおさめた。そして、05年より、大木監督が復帰。とうとう3位となりJ1J2入れ替え戦で勝利、ついにJ1昇格が決定した。99年から4年でJ1へ、解散危機も乗り越え、資金力も高くない中チームプレーで勝ち取った勝利だった。
その後06年、07年と大木監督が復帰し、ハイプレス、ショートパス、クローズというスモールスペースで勝負をする戦略のサッカーを行っていた。だがなかなか機能せず、またJ2とは違うJ1の洗礼を受け、07年J2降格が決定、大木監督も退任する。

ヴァンフォーレ甲府ついにJ2優勝!J1定着へ

08年からはヘッドコーチだった安間貴義が2年間監督を務め、健闘しつつもJ1昇格を逃す。そこで2010年前年ヘッドコーチだった内田一夫が監督につくと、横浜FMからハーフナーマイクを獲得する。戦術を攻撃的なものに変更し、ハーフナーはJ2得点王となる20得点をあげ、ついに4年ぶりのJ1復帰を決めた。
2011年三浦俊也が監督になるも、攻撃的サッカーの甲府に三浦監督の守備重視な戦術は上手くフィットせず7月で解任、その後立て直すも1年でJ2降格になってしまう。2012年、元FC東京の監督城福浩が就任、主力選手が退団する中も補強をし、ムービングフットボール戦術をとることで、ついに初のJ2優勝を決めた。
その後3年城福体制は続き、J1下位ながらも降格はせず、そのなかでもヴァンフォーレ甲府は、地力を上げ続けている。

まとめ

存続危機を乗り越え、攻撃的サッカーで勝利をつかみ取ってきたヴァンフォーレ甲府。J1に定着し、そして上位を目指していく今後、目が離せない。 /p>

関連記事

おすすめの記事