「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

名古屋グランパスの歴代監督がチームに残したモノ

2016 8/13 15:01
足でおさえたサッカーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Sergey Peterman/Shutterstock.com

Jリーグ発足からの歴史とともに、グランパスの歴代監督を振り返りたいと思わないだろうか?
この記事では、中でも多くをもたらしてくれた5人の監督を挙げてみていく。

やっぱりこの人!

アーセナルで長年、監督を務める世界的にも有名なベンゲルが、グランパスの監督だったということは本当にすごいことだ。彼が就任する前、ストイコビッチや小倉隆史など名プレーヤーがいながらも最下位に沈んでいたチームを見事に立て直し、天皇杯優勝に導いた。
彼の方針は、選手の長所を生かすこと。短所を補うのではなく、個々の長所が生かしあえる戦術やチームワークを築くということに取り組んだのだ。また、世界的に有名な監督が来たということは精神面でも選手には有益だったに違いないだろう。とにかく、勝つためのチームをゼネラルマネージャーとして奔走して作り上げたベンゲルが残した意識や実績は、今後もずっと受け継がれていくことだろう。

守備の意識を植え付けた名将

降格候補の筆頭と言われていたジェフを2位にした実績を買って、グランパスが引き抜いたのがベルデニックだ。突然の解任劇で悔しい思いをしたサポーターもいたのだろうが、彼がグランパスを指揮していたころに残したものは「守備の意識と約束事」だ。
それまで、どちらかといえば攻撃的なサッカーと作戦を好んでいたグランパスに、しっかりとした守備意識を気付かせたのがベルデニックといえるかもしれない。かといって攻撃を疎かにするわけではなく、少ないタッチでゴールに迫るプレースタイルはサポーターを興奮させたものだ。監督として残したい選手を、フロント側が残さなかったことでフロントとの溝が深まり、退団してしまいサポーターは悔しい思いをしたものだ。

おすすめの記事