「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

名古屋グランパスの歴代監督がチームに残したモノ

2016 8/13 15:01
足でおさえたサッカーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Sergey Peterman/Shutterstock.com

Jリーグ発足からの歴史とともに、グランパスの歴代監督を振り返りたいと思わないだろうか?
この記事では、中でも多くをもたらしてくれた5人の監督を挙げてみていく。

やっぱりこの人!

アーセナルで長年、監督を務める世界的にも有名なベンゲルが、グランパスの監督だったということは本当にすごいことだ。彼が就任する前、ストイコビッチや小倉隆史など名プレーヤーがいながらも最下位に沈んでいたチームを見事に立て直し、天皇杯優勝に導いた。
彼の方針は、選手の長所を生かすこと。短所を補うのではなく、個々の長所が生かしあえる戦術やチームワークを築くということに取り組んだのだ。また、世界的に有名な監督が来たということは精神面でも選手には有益だったに違いないだろう。とにかく、勝つためのチームをゼネラルマネージャーとして奔走して作り上げたベンゲルが残した意識や実績は、今後もずっと受け継がれていくことだろう。

守備の意識を植え付けた名将

降格候補の筆頭と言われていたジェフを2位にした実績を買って、グランパスが引き抜いたのがベルデニックだ。突然の解任劇で悔しい思いをしたサポーターもいたのだろうが、彼がグランパスを指揮していたころに残したものは「守備の意識と約束事」だ。
それまで、どちらかといえば攻撃的なサッカーと作戦を好んでいたグランパスに、しっかりとした守備意識を気付かせたのがベルデニックといえるかもしれない。かといって攻撃を疎かにするわけではなく、少ないタッチでゴールに迫るプレースタイルはサポーターを興奮させたものだ。監督として残したい選手を、フロント側が残さなかったことでフロントとの溝が深まり、退団してしまいサポーターは悔しい思いをしたものだ。

選手でも、監督でも!

ピクシーの愛称で親しまれたストイコビッチは、選手としても大人気だったが、監督としても大人気だった。任期中、クラブ史上初Jリーグ優勝、アジアチャンピオンズリーグのベスト4など、これまでのグランパスの歴史の中でも、とりわけ輝かしい成績をおさめたときの監督だ。
中でも2010年は、サイドを活用したスピーディーな攻撃で勝利を築き続け、最多勝点、最速優勝の記録を作った。彼の起用方針は、スタメンを固定するというもので、比較的不動のメンバーで試合に臨むことで連携を強めたことが特徴だ。現役時代からグランパスのスターだった人物が、監督として戻ってきて、しかも優勝までしてくれたから、彼がグランパスに残したものは、非常に大きいといえるだろう。

規律を重んじた監督

当時のグランパスにとって衝撃が走った時の監督は、ジョアン・カルロスだった。そのとき、主力3選手を放出するという決断が下された。日本代表級の選手たちの放出は、全国に衝撃を与えた。このときフロントは、3選手をとるのではなく、カルロス監督をとった。
この行為によって、選手やサポーターから反グランパスフロントの動きが出たのは事実なのだが、監督としては「チームを守るための判断」として放出を選んだという。プロとして、規律を重んじる意識を植え付けたのはカルロスの実績といえるかもしれない。

かわいそうな面もあった、あの監督

日本人監督の名将の一人ともいわれる、西野明がグランパスに残してくれたのは実績ではなく、意識だ。前任のストイコビッチ監督はスタメン固定で臨むことが多く、その分若手が育っていなかった中で、監督を引き継いだ西野は、任期中、大した成績を残すことはできなかった。
言ってみれば、監督のレベルに選手がついてこられなかったとも言えるのかもしれない。求める意識やプレーに答えてもらえないうちに、けが人が出て、どうにかやりくりするしかなかったといえるだろう。それでも、今シーズンのキャプテンを務める田口は、西野が育てた一人で、任期中に播いた種がようやく芽吹いたといってもいいかもしれない。

まとめ

トヨタがついているグランパスには、世界的にも有名な監督が何人かった。それぞれ異なる考え方でチームを作ってきたのがわかる。彼らが残してくれたものを受け継ぎつつ、今シーズンもいい結果を残してもらいたい。

関連記事

おすすめの記事