「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

横浜F・マリノスの歴代監督がチームに残したモノ

2016 8/13 15:01
足で止めたサッカーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by naito8/Shutterstock.com

Jリーグ創設から常に優勝争いを演じてきた横浜F・マリノス。常勝チームの監督たちがどのようにチームを作り、勝ち続けるスピリットを選手たちに植え付けてきたのか。 この記事では歴代の監督たちがチームに残していった功績を紹介する。

経験実績ともに日本最高の名将、岡田武史

2003年の監督就任1年目からマルキーニョス、久保、奥、中澤などを豊富な戦力を率いて1st、2st完全優勝、さらに翌年の1stシーズンも優勝しJリーグ初の3ステージ連覇を成し遂げている。
規律の取れたチーム作りを基本とし、経験に基づいた盤石な試合運びが特徴だが、新人のDF那須をボランチとして起用するなど積極的でアグレッシブな起用で点を取られても追いつき逆転する攻撃的な戦術がハマり他を寄せ付けなかった。この現在に続く常勝軍団マリノスとして勝ち続けるメンタルを選手たちが培っていけたのは岡田監督の功績に他ならない。

初期チームのベースを作った清水秀彦

今ではサッカー解説者としておなじみの清水秀彦もJリーグ創設時からマリノスの編成に関わり、戦えるチームを作り上げていった忘れてはならない重要な監督の一人だ。
1993年のJリーグ開幕から横浜F・マリノスを指揮し、1st、2stとも3位という好成績を収めている。どのチームもまだ手探りで試合に臨み、チーム作りを失敗していく中、冷静な試合運びと戦術眼で勝てるチームに鍛え上げ、今の常勝軍団、横浜F・マリノスに繋がる基礎を築き上げた。

おすすめの記事