「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ジュビロ磐田の歴代監督がチームに残したモノ

2016 8/13 15:01
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by In Green/Shutterstock.com

1997年から2003年頃のジュビロ磐田は強かった。この黄金期をを黄金期を支えた監督にはどのような方がいたのだろうか。
今回は、ジュビロ磐田の歴代監督がチームに残してきたものを紹介する。

日本代表監督としても有名!ハンス・オフト

日本代表をワールドカップ出場まで後一歩のところまで押し上げた監督として、ハンス・オフトがいる。そのハンス・オフトは、1994年にジュビロ磐田の監督に就任する。
実は、代表監督就任前よりジュビロとは関係のある監督だった。Jリーグ昇格直後とあって、チームは苦戦するがチーム力の底上げに尽力する。就任中にはタイトル獲得には至らなかったが、その後のチームの黄金期の基礎を作ったのは間違いなくハンス・オフトだ。2013年には、日本サッカー殿堂入りするなど、国内で高く評価されている監督だ。

あの名監督も指揮していた!ルイス・フェリペ・スコラーリ

1997年に監督に就任したのが、ルイス・フェリペ・スコラーリだ。当時、ブラジルの新進気鋭の監督の一人として注目されていた。わずか4ヶ月で退任するが、その指導スタイルには大変高いインパクトが有った。
オフサイドトラップという考え方を全く採用しないなど、斬新さも兼ね備えていた監督だ。過去のJリーグ監督の中でも、トップクラスの実績を残している監督でもある。

おすすめの記事