「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サンフレッチェ広島の歴代監督がチームに残したモノ

2016 8/13 15:01
ボールを蹴ろうとしている足
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by anekoho/Shutterstock.com

チームに心惹かれれば、その過去についても知りたいと感じるようになる。よりサンフレッチェ広島について理解を深められるよう、過去の5人の監督の功績をお伝えする。

サンフレッチェ広島の歴代監督1:バクスター

サンフレッチェ広島が一躍、世間の注目を浴びたのは、1994年のファーストステージで優勝し、グランドチャンピオンシップの結果、Jリーグ準優勝となった時のことだ。シーズン開幕時点では優勝候補と思われていなかったサンフレッチェ広島の躍進は、当時の日本サッカー界にとって、驚きでもあった。
この時、チームの指揮を執っていたのが、イギリス出身のスチュワート・バクスター監督だ。バクスター監督のサッカーの基本は、今でいうところのコレクティヴなサッカーだ。約束事を重視し、スピーディーにパスを回して相手ゴールに迫るスタイルは、非常に印象的だった。特定の個人に頼らないサッカー、フェアプレーの強調、そして戦術重視のスタイルは、今日のサンフレッチェ広島にも引き継がれている。

サンフレッチェ広島の歴代監督2:ヤンセン

バクスター監督の次の監督として就任したのが、オランダ出身のビム・ヤンセン監督だった。ヤンセン監督は、ヨハン・クライフが活躍したころのオランダ代表のメンバーだったこともあり、大きな期待を集めた。しかし、実際のところ、リーグ戦では目立った成績を挙げられず、天皇杯準優勝2回が印象に残る程度だ。
ただ、ヤンセン監督の招聘は、個の力を高めようとしたサンフレッチェ広島のチーム方針に基づくものでもあった。後に独特の個性を持ったストライカーとして名を馳せることになる久保竜彦も、ヤンセン監督時代に起用されるようになった。また、アトランタ五輪のブラジル戦で決勝点につながるロングパスを放った路木龍次が、ヤンセン監督のもとで大きく成長したことも、見逃せないポイントだ。

サンフレッチェ広島の歴代監督3:トムソン

ヤンセン監督の後任となったのは、スコットランド出身で、直前までオーストラリア代表の指揮を執っていたエディ・トムソン監督だった。就任当初のトムソン監督は、ほぼリトリートと言ってもよいような守備重視のサッカーで、ヤンセン監督時代の不振をある程度、脱却した。前線に久保竜彦1枚を残してのカウンターは、久保の個の力もあって、十分な脅威を相手チームに与えた。下位に低迷しかけていたサンフレッチェ広島を救った功労者と言えるだろう。
現在のサンフレッチェ広島が、受けに回っても強いのは、トムソン監督時代の遺産が生きていると考えることもできる。選手からも慕われており、サンフレッチェ広島を去った後2003年に55歳の若さで亡くなった時には、誰もがその早過ぎる死を悼んだ。

サンフレッチェ広島の歴代監督4:ヴァレリー

トムソン監督の後を受けて就任したのが、ロシア出身のヴァレリー・ニポムニシ監督だった。ヴァレリー監督のサッカーは、トムソン監督時代とは打って変わった攻撃的なもので、就任当初の基本フォーメーションは433だった。それまでのサンフレッチェ広島の歴史にないほどの攻撃的なサッカーは、就任当初は機能しなかった。
しかし、徐々に力を発揮できるようになり、就任した年のセカンドステージでは3位に入るという躍進を遂げている。ヴァレリー監督は、わずか1年足らずでチームを去ることとなるが、サンフレッチェ広島の攻撃サッカーの可能性を示した監督と言えるだろう。

サンフレッチェ広島の歴代監督5:ペトロヴィッチ

ヴァレリー監督の後、ガジエフ、木村、小野、望月監督を経て就任したのが、セルビア出身のミハイロ・ペトロヴィッチ監督だ。ペトロヴィッチ監督は守備にはあまり重きを置かず、攻撃重視のスタイルを目指した。ゴールキーパーも含めた最終ラインからつないでいくスタイルや、攻撃時には4バックになる独特のフォーメーションも、ペトロヴィッチ監督時代に始まったものだ。
選手からの信頼も非常に厚く、2007年にJ2への2度目の降格が決まった際には、選手の流出を恐れた当時の社長から異例の続投要請を受けたほどだ。現在のサンフレッチェ広島のスタイルの基盤を作り上げたのは、間違いなくペトロヴィッチ監督と言ってよいだろう。

まとめ

これまで見てきたように、サンフレッチェ広島の歴代監督には、ヨーロッパ出身の監督が非常に多い。サンフレッチェ広島の前身であるマツダのころからで、後に日本代表監督になるハンス・オフトが指導していたこともあった。
そのためサンフレッチェ広島の特徴は、ヨーロッパ系の戦術重視のサッカーということが言える。リトリート、ポゼッションなどと揺れ動きながらも、ヨーロッパ系のサッカーを貫いてきたことが今日の躍進につながったと言えるだろう。

関連記事

おすすめの記事