「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

鹿島アントラーズの歴代監督がチームに残したモノ

2016 8/13 15:01
サッカーボールとゴール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Gelner Tivadar/Shutterstock.com

強豪といえば鹿島アントラーズがまず思いつくが、長期政権の監督が多い中でどのように一貫した姿勢を貫いているか知っておきたいのでは?アントラーズを指揮したこれまでの監督は、チームに何をもたらしたのかについて解説する。

Jリーグ初代優勝チームに導いた!宮本征勝

1993年のJリーグファースステージで、ジーコやアルシンドを配して魅力的なサッカーを展開していた。そのチームをまとめ上げたのは、言うまでもなく監督の宮本征勝だ。元々、メキシコオリンピックで銅メダルを獲得したメンバーとあって、選手としての実績は十分だった。その実績をしっかりと監督としても活かして、スター選手もしっかりとまとめ上げたのは流石の一言だ。
その後、何と20年近くも鹿島アントラーズでは日本人監督が生まれなかった。人を育てるという重要なミッションもしっかりとこなした、レジェンドであるといえる。

常勝チームを作り上げた!ジョアン・カルロス

鹿島アントラーズといえば、数多くのタイトルを獲得してきたチームだが、その流れを強く印象漬けたのがジョアン・カルロス政権だ。1996年にJリーグ優勝に導く手腕を発揮しただけでなく、1997年にはゼロックススーパーカップ、Jリーグ、ナビスコカップ、天皇杯の主要タイトル4冠を達成するという偉業を達成する。曖昧さの無い的確な起用は、見ているファンからも思わず拍手が起こるほどだった。ただ、一方で特にブラジル人選手との確執が目立つ監督だった。
アントラーズ時代も、ジョルジーニョとの確執が原因で、1998年のシーズン途中に辞任している。もう少し人心把握ができていれば、もっとすごい監督になっていたのかもしれない。ただ、この厳しい姿勢がこの監督の特徴でもあるのだ。

おすすめの記事