「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

川崎フロンターレの歴代監督がチームに残したモノ

2016 8/13 15:01
シュートしようとしているサッカー選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by PHOTOCREO Michal Bednarek/Shutterstock.com

1999年にJ2参入、2005年のJ1昇格からは降格なくJ1に常駐している川崎フロンターレ。
川崎フロンターレの歴代監督の残した航跡を辿ることで、チームの歴史の一端に触れてみたいと思う。

チームを初のJ1昇格へ導いた監督・松本育夫

1999年、シーズンの途中で更迭されたベット監督に代わり招聘されたのが、松本育夫監督だった。 彼の座右の銘は、“全力に悔いなし”。その言葉通りの熱血指導を展開し、前年惜しくもJ1参入決定戦で敗れ、シーズンも調子を取り戻し切れないまま低迷していたチームの状態を、見事に立て直した。
その年、チームはJ2優勝を決め、J1昇格を果たす。翌年は監督としてではなく、社長という立場でチームと関わることとなったが、チームの成績は振るわず、最下位。松本氏は社長を辞任することとなった。

フィジテク×プレッシングで強い川崎の礎を築いた監督・石崎信弘

J2に降格し、低迷していた川崎を再び引き上げるべく、2001年に監督に就任したのが、石崎信弘監督だ。 彼は、フィジカルとテクニックの基礎的メニューを交ぜた「フィジテク」と呼ばれる練習法で厳しく指導し、選手個人の能力に磨きをかけた。
戦術では、中盤に強烈にプレッシャーをかける“プレッシング”を得意とし、就任した年の天皇杯では準決勝までコマを進め、翌年にはリーグ戦4位、2003年には勝ち点差1で惜しくも昇格を逃す3位という成績を残す。昇格には至らないまでも、チームを上昇気流に乗せた監督だと言えるだろう。

おすすめの記事