「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

清水エスパルスの10番を背負ってきた名選手5人

2016 8/13 15:01
IAIスタジアム日本平
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Jesus Cervantes/Shutterstock.com

日本のサッカー王国とも呼ばれる清水をホームタウンする清水エスパルス。
10番を背負った選手はこれまでたった5人しかおらず、清水エスパルスの歴史を振り返る上でチェックしておきたい選手ばかりだ。そんな10番を背負った選手5人を歴史順に紹介する。

静岡の産んだJリーグ初代新人王、澤登正朗

Jリーグが固定番号制になった1997年、サッカー王国清水の清水エスパルスはエースナンバー10番を満場一致でJリーグ初代新人王の澤登正朗選手に託した。静岡県富士宮市出身の澤登は清水の東海大学第一高校(現・東海大学付属静岡翔洋高校)2年次に選手権で優勝、3年次には準優勝と輝かしい結果を残し、東海大学に進学。Jリーグ開幕前夜の1992年に清水エスパルスに入団、以降引退する2005年まで清水一筋でプレーした。
卓越した技術と正確なキックでチームを牽引し、特にその右足から繰り出されるキックは素晴らしくフリーキックでも何度もゴールを奪ってきた。Jリーグが開幕した1993年から2005年まで同一クラブでゴールを決め続けた只1人の選手だ。

2006年のJリーグ新人王、藤本淳吾

ミスターエスパルスと呼ばれた澤登が引退した後、その後継者として指名されたのは、その前年大学生ながら特別強化指定選手としてナビスコカップでプレーしていたものの実質プロ1年目の藤本淳吾選手だった。シーズン序盤こそプロの壁に苦しんだものの、右サイドにポジションを移すと左利き特有のボールの持ち方で視野の広いプレーを披露。シーズン終盤にはハットトリックも記録し新人王にも選ばれた。
その後名古屋グランパス、横浜F・マリノスとチームを渡り、現在は清水エスパルス時代の恩師である長谷川健太監督率いるガンバ大阪でプレーしているが、清水時代の活躍が最も印象深い選手だ。

名門清水商業が産んだスター、小林大悟

3代目10番を背負った小林大悟は、高校卒業後にプロ選手となったのが東京ヴェルディと歴代10番で唯一清水エスパルス以外でプロ入りした選手だ。そんな小林が清水の10番として迎え入れられたのは高校サッカーの名門校である地元清水商業で活躍した選手だから。清水サポーターにとっては新加入というよりも「お帰りなさい」という感情の方が大きかったからだろう。
東京V、大宮時代はゴールもアシストもできるテクニシャンとして大活躍。その後ノルウェー、ギリシャと渡り、ノルウェー時代はヨーロッパリーグでスペインの強豪バレンシアとも対戦した。清水に加入したのはギリシャでプレーした後。しかし怪我に悩まされ残念ながら清水ではあまり活躍することは出来なかった。

サッカーIQの高いマルチプレーヤー、河井陽介

小林大悟の10番を引き継いだのは静岡県藤枝市出身の河井陽介だった。藤枝東高校時代は高校サッカー選手権で準優勝という経歴を持ち、その後慶応大学に進学し清水エスパルスに加入する。
10番を背負ったのは2年目のシーズン。これまでの10番と異なり派手なプレーは少ないものの、当時清水エスパルスの監督だったゴトビ監督から「非常に賢く、試合を読める選手」と評されたサッカーIQの高い選手。元々は攻撃的な選手だが、守備的なポジションでも苦なくプレーすることができ、サイドバックとしても質の高いプレーを見せていた。

現在の清水エスパルスを引っ張るチームの顔、大前元紀

現在、清水エスパルスで10番を背負う大前元紀が清水エスパルスに加入したのは2008年。今から9年前の事だ。完全にチームの主力となったのは岡崎慎司と藤本淳吾が移籍した2011年から。一気に若手が多くなったクラブの中心選手として両サイドからスピードを活かしてゴール前に侵入するプレーで岡崎らが抜けた穴を埋める活躍を見せた。
その活躍が認められドイツのデュッセルドルフに移籍。しかしそのシーズンでチームは降格してしまい夏に清水エスパルスに復帰する。背番号10を背負うことになったのは復帰後2年目のシーズンから。以前は期待の若手という立場だったが復帰後はチームの中心としての自覚も芽生え、現在はJ1復帰を目指すチームのキャプテンとしてプレーしている。

まとめ

清水はサッカー王国としてのプライドもある地域。そんな中で10番を背負うのは生半可な覚悟ではプレー出来ない。しかし5代目10番を背負う現在の大前選手はキャプテンにもなりその覚悟を十分感じられるプレーを見せている。
今シーズンは大前選手の活躍に期待できるのではないだろうか。

関連記事

おすすめの記事