「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年のJ1リーグ、第12節時点で連続フル出場を続けている選手

2017 6/30 12:56Aki
サッカーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

長年に渡り連続フル出場を続ける阿部勇樹選手と中澤佑二選手

2017年明治安田生命J1リーグも1/3を目前とした2017年5月14日の第11節。この日行われたアルビレックス新潟戦で、浦和レッズの阿部勇樹選手がフル出場を記録し、フィールドプレーヤーとしてのリーグ戦連続フル出場を138試合に伸ばした。
これにより137試合で並んでいたサンフレッチェ広島の水本裕貴選手を抜き、連続フル出場記録歴代単独1位を達成。阿部選手のこの記録が始まったのは2013年5月11日に開催された第11節鹿島アントラーズ戦。そこからほぼ4年をかけての記録更新である。
ちなみに、阿部選手を追いかける形で連続フル出場を続けているのは横浜F・マリノスの中澤佑二選手だ。中澤選手は2013年の第14節から連続フル出場と、阿部選手のわずか3試合後を追いかけている形となっている。
シーズンの1/3を経過しただけだが、浦和レッズの阿部選手、横浜F・マリノス中澤選手以外にも多くのチームで連続フル出場を続けている選手がいるのだ。

今季フル出場を続けている選手は32人

Jリーグ公式サイトによると2017年5月21日現在、2017年のJ1リーグ第12節まででリーグ戦に出場した選手は393人。1チーム平均で21.83人の選手が起用されている。その中で1試合以上に先発で出場したのは336人。さらに全試合で先発出場しているのは62人となり、1チームあたり3.44人と一気に少なくなる。
全試合出場選手はJ1の18チーム全てに存在しているが、人数は様々であり、最多はセレッソ大阪の7人、最少は鹿島アントラーズと大宮アルディージャの1人となっている。
わずか1/3の時点でこれだけ数が少なくなるのは、シーズン序盤にAFCチャンピオンズリーグのグループリーグや、ルヴァンカップのグループリーグなど、リーグ戦以外の試合がミッドウィークと言われる火曜日や水曜日に行われる事が多く過密日程になっているからである。
特にゴールデンウィーク周辺は気温も高くなる中、デーゲームが多く開催されるため、この時点での怪我や累積警告だけでなく、シーズンを見越した予防策として選手を入れ替えるターンオーバーを使うチームが多いからだ。
そしてその62人中、全試合連続フル出場を果たしているのは32人。1チームあたり1.78人とさらに半分近くとなる。

おすすめの記事