「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

J1リーグ各チームの出場・先発選手数をデータで分析

2017 6/30 12:56Aki
サッカー分析
このエントリーをはてなブックマークに追加

1/3を経過した2017年のJ1リーグ戦

早いもので、2017年5月19日~20日に行われた明治安田生命J1リーグ第12節で、既にシーズンの1/3を消化することとなった2017年のJ1リーグ。シーズン開幕前の期待に応えれている好調のチームや、まさかの不調に陥っているチームなど、18チームが様々な顔を見せている。
特に今シーズンは第12節終了時点で、プレーオフから昇格となったセレッソ大阪が4位と躍進している事に象徴されるように、降格圏となる16位以下には昇格チームが入っていない。また2012年から2016年までの5年間で3度のJ1チャンピオンだったサンフレッチェ広島が、降格圏となる16位に苦しんでいるという異例のシーズンと言っても良いだろう。
そこで今回は、Jリーグ公認データStatsStadium(スタッツスタジアム)を使用している「Football LAB[フットボールラボ]」(http://www.football-lab.jp)より、2017年の明治安田生命J1リーグ第1節~第12節(2017年5月21日時点)で、J1の18チームがこの期間で起用した選手のデータを中心に考察する。

2017年のJ1リーグ戦で出場した選手は393人

2017年の明治安田生命J1リーグ第1節から第12節までで先発起用された選手は393人。1チームあたり約21.83人という数字となっている。この中で最も少ないのは浦和レッズの19人、最も多いのは大宮アルディージャと川崎フロンターレの24人だ。
その中で、先発起用された選手は336人。1チームあたり約18.67人となっており、こちらの最少は浦和レッズとセレッソ大阪の16人、最多は大宮アルディージャの24人となる。
またこの期間中、全試合先発出場している選手は62人。1チームあたり3.44人となり、その中でフル出場を果たしているのは32人。1チームあたり1.78人となる。
全試合先発出場が最も多いのがセレッソ大阪の7人、最も少ないのが鹿島アントラーズと大宮アルディージャの1人。全試合フル出場となると、最多は清水エスパルスの4人、最少は大宮アルディージャとアルビレックス新潟の0人となっている。
該当期間の80%以上にあたる10試合以上に先発している選手は、最も多いのが浦和レッズとセレッソ大阪の9人、次いで横浜F・マリノス、清水エスパルス、サガン鳥栖の8人。逆に最も少ないのが大宮アルディージャの2人、それに次ぐのがヴァンフォーレ甲府の4人となっている。

おすすめの記事