「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ガンバ大阪、2017年序盤の戦術を読み解く

2017 6/30 12:56Aki
ガンバ大阪
このエントリーをはてなブックマークに追加

中盤の形を変えた長谷川健太監督

2016年は3年ぶりの無冠に終わったガンバ大阪。復活を期する長谷川健太監督の下で5年目のシーズンを迎える2017年は、第11節を迎えるまでの間に3種類のフォーメーションを使用している。
あまりフォーメーションを動かす印象はない長谷川監督が、わずか11節にして3種類もの形に変えたきっかけは、チームの編成と怪我人から来るものだった。
2017年のガンバ大阪は、これまで何シーズンにも渡って使用してきた4-2-3-1または4-4-2で、根幹となる中盤の守備的ミッドフィールダー2人+両サイドハーフという形から、中盤の底にアンカーを置き両サイドには選手を配置しないダイヤモンド型のシステムでシーズンをスタートすることを選択している。
この変更に踏み切ったきっかけは、2014年のJ1復帰以来豊富な運動量と献身的なプレーでチームの戦術上では大きな役割を担っていた、阿部浩之選手と大森晃太郎選手が移籍したことだった。
大宮アルディージャから泉澤仁選手を獲得し、さらに下部組織出身の堂安律選手など期待を集める選手はいるが、AFCチャンピオンズリーグを含めた大切なシーズン序盤の段階では、阿部選手や大森選手に代わる存在にまではなりきれず、長谷川監督は中盤の形を変える事を決断することとなった。

井手口選手の負傷をきっかけに3バックに変更

開幕時点でガンバ大阪が採用したのは、中盤をダイヤモンド型にした4-4-2である。この形でリーグ開幕戦直前のAFCチャンピオンズリーグアデレード戦で快勝し、リーグ開幕戦のヴァンフォーレ甲府戦では、粘り強い守備の前に苦戦を強いられたものの1-1の引き分けと、まずまずの形でシーズン序盤を迎える。しかし、この序盤の連戦でダイヤモンド型中盤の右に入った井手口陽介選手が負傷離脱し、ここで長谷川監督は3バックの3-1-4-2に変更する。
この3-1-4-2では、開幕戦中盤ではトップ下にはいっていた倉田秋選手を、井手口選手が務めていた右のインサイドハーフに移動させた形で、中盤のアンカー+インサイドハーフ2人という形はそのまま継続する決断だった。
また、この3バックシステムは守備の時はこの形のままで守るものの、ボールを保持している時は3バックの右に入る三浦選手が右サイドバックになるシステムチェンジもあるという特徴的な形になっていた。

おすすめの記事