「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

今最も注目すべき若手、U-20日本代表・ガンバ大阪、堂安律選手

2017 6/30 12:56Aki
doan ritsu/堂安律選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ESPN』が選ぶ「U-20ワールドカップで見るべき10人」

2017年5月20日から始まったFIFAU-20ワールドカップを目前に、海外メディア『ESPN』はU-20ワールドカップで注目すべき10人という記事を発表した。
選ばれているのは、フランス代表として出場するイサ・ディオップ選手やリヴァプールFCが保有権を持っているアメリカ代表ブルックス・レノン選手など。そしてその中で、日本代表として出場するガンバ大阪の堂安律選手も選ばれた。
堂安選手は世界のメディアにとって、この世代で最も注目を集める選手の1人であるという事だ。 そこでは堂安選手について下記の様に書かれている。

昨年AFCU-19選手権でMVPを受賞した18歳のキャリアは上昇中、ガンバ大阪で両サイドのレギュラーとなってきている。
日本代表では右ウイングとしてプレーする可能性が高い堂安選手のストロングポイントは左足から繰り出されるシルキータッチ。その左足を使ったロングレンジのシュートやスルーパスで瞬時にゲームを動かす事ができる。
堂安選手はフィジカルよりも技術に特徴があるが、スピードで20ヤードを制圧し、中央に入ってゲームを動かす。

出典: ESPN FC

中学年代から既に注目を集めていた堂安律選手

兵庫県や大阪府などの関西地方にみられるそうだが、全国的にもかなり珍しい姓を持つ堂安律選手は兵庫県尼崎市出身である。3歳年上の兄である堂安憂選手は長野県の創造学園高等学校で全国高校サッカー選手権や高校総体にも出場しており、2017年現在びわこ成蹊スポーツ大学でプレーしている。
堂安律選手は中学入学時にガンバ大阪ジュニアユースに加入すると、現在はガンバ大阪はもちろんU-20日本代表のチームメイトである市丸瑞希選手、髙木彰人選手らと共に、2012年に高円宮杯第24回全日本ユース(U-15)選手権大会、JFAプレミアカップ2012 、日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会を制し、史上初となるU-15年代全国3冠を達成。全国的に注目を集める選手となった。
高校に入りガンバ大阪ユースに昇格すると、高校2年生でトップチームに2種登録となり、トップチームに帯同するなど、先輩にあたる宇佐美貴史選手とほぼ同じタイミングでトップチームデビューを果たした。

おすすめの記事