「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

U-20日本代表のエースストライカー、ジュビロ磐田小川航基

2017 6/30 12:56Aki
サッカーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動のエースストライカー

AFC U-19選手権2016で初優勝を達成し、5大会ぶりにFIFAU-20ワールドカップへの出場を果たすU-20日本代表。このチームは攻撃陣がタレント揃いとなっている。
代表的な選手としてはガンバ大阪でブレイクの兆しを見せる堂安律選手や、プロ入りする際には6クラブによる争奪戦の末、地元のクラブである京都サンガに加入した岩崎悠人選手、川崎フロンターレの至宝三好康児選手、さらにFCバルセロナの下部組織でプレーし、わずか15歳にしてU-20日本代表入りを果たした久保建英選手など、いずれも将来が楽しみな選手ばかりだ。
2020年に迎える東京オリンピックで中心となる世代である彼らには、多くの期待が集まっている。 しかし、この世代のエースはここまで名を挙げた誰でもない。この世代のエースストライカーはU-20日本代表でも9番を背負う、ジュビロ磐田の小川航基選手である。
堂安選手も岩崎選手も、三好選手も久保選手も、前線の中央で小川選手がどっしりと構えているので、さらなる輝きを見せる事ができるのだ。

高校2年生でU-18日本代表に初選出

小川選手が初めて注目を集めたのは2015年の1月、高校2年生の時だった。本人曰く「地元では少し有名ぐらい」の選手だった小川選手は、高校入学にあたっていくつか練習に参加するが、オファーを受けたのは桐光学園1校のみだった。もし桐光学園がダメなら普通に楽しくサッカーをしようと考えていた。
しかし、桐光学園の鈴木勝大監督は小川選手の想像以上にその能力を高く評価おり、それまでトップ下でプレーしていたが、高校入学と同時にフォワードに転向させる事にした。入学以降はストライカーとしてのプレーを徹底的に叩き込んだ。
徐々に小川選手はストライカーとして評価を高めていき、2015年の1月にU-18日本代表のロシア遠征のメンバーに選出されることになる。そのロシア遠征でゴールを量産し、国体メンバーの選考会にも呼ばれたことが無い選手が一気に注目を集める事になった。
当時、鈴木監督が特に徹底したのはストライカーとしてのメンタルの部分である。当時は足元でボールを欲しがり、動き出しは少ない、ストライカーとしてのプレーはまだまだ荒削りな原石そのものでしかなかったが、少し動けばパスが出てくるという回りの高いレベルに引っ張られるようにして、メキメキとストライカーとしての実力を高めていった。

おすすめの記事