「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

セレッソ大阪の10番を背負ってきた名選手5人

2016 8/13 15:01
number 10
このエントリーをはてなブックマークに追加

セレッソ大阪は他のチームと少し異なり、8番をエース番号としている。
次いで攻撃の中心を担う選手がつけるのが10番。この10番もチェックしておきたい番号だ。過去にセレッソ大阪で10番を背負った5人の選手を紹介する。

世界的スーパースター、ディエゴ・フォルラン

近年セレッソ大阪の10番で最も印象に残っているのは、南アフリカワールドカップ得点王で、ウルグアイ代表でも10番を背負った世界的ストライカー、ディエゴ・フォルランだろう。
残念ながら、チームの迷走により、その能力を全て発揮出来たわけではなかったが、ストライカーとしての魅力は見せてくれた。 キックの精度やシュート力も魅力だったが、特に印象的だったのが、シュートを打つためのスペースと時間を作る動き。 味方はゴールを目指し、敵はゴールを守ろうと、試合全体のベクトルが相手ゴール方向へ向かう中で、フォルランは1人その場に止まったり、バックステップで後ろに下がったりすることで、自分の周りにシュートを打つ事ができるスペースを作る動きは絶品だった。

セレッソ史上最高のゲームメーカー、マルチネス

チームへの貢献度では歴代No1かもしれないのが09年~11年に10番を背負ったマルチネス。当時のセレッソ大阪は、前線に香川真司と乾貴士という後に世界の舞台で活躍するアタッカーを擁していたが、攻撃のタクトを振っていたのはその後ろにいるマルチネスだった。
マルチネスのプレーで印象的だったのは、とにかくボールを奪われない事。低い位置でフリーになるのも上手く、そこから精度の高い左足で長いパスを通してきた。 2010年には若手の丸橋が左サイドバックに抜擢されると、マイボールになると丸橋を高い位置に出し、自分は最初に丸橋のいた左サイドバックのスペースに下がって行くというコンビネーションを作り上げ、昇格シーズンでのACL出場権獲得という躍進の原動力となった。

森島と最強のコンビを組んだ西澤明訓

セレッソ大阪で日本人選手が10番を背負ったのは過去に4人。海外でプレーした後、帰国してからは20番をつけ定着したが、1998年日本人で最初に10番を背負ったのは西澤明訓だった。
小さくてすばしっこい森島と、サイズがありスケールの大きなプレーができる西澤の相性は、当初から抜群。
このコンビがブレークし、日本代表でも同じセットが組まれるのはもう少し後の事になるが、他の選手ならヘディングしそうな高いボールでもふわっと浮き上がる様なジャンプから胸でトラップ。そして全速力で追い越していく森島にパスを送るというシーンや、森島からの折り返しが少々ずれても強引にアクロバチックなボレーシュートを決めるというシーンを、数多く見せてくれた。

おすすめの記事